アーユルヴェーダ的「偏頭痛」対処法|ポーズ&ペアワーク

canva

アーユルヴェーダ的「偏頭痛」対処法|ポーズ&ペアワーク

世界最古の伝承医学アーユルヴェーダとタイヨガセラピーを融合させた話題のメソッド「タイヴェディック」創立者の1人であるセバスチャン・ブルーノ師に、日本人が抱えやすい心身のトラブル「偏頭痛」の原因とケアの方法について教えてもらいました。

「偏頭痛」の原因と対処法は?

アーユルヴェーダの視点からみると「偏頭痛」はヴァータとピッタの乱れが原因になっていることが多いとされます。痛みには必ずヴァータが関係しています。痛みの種類によって、どのドーシャが関わっているが変わり、鋭い痛み、強い痛みにはピッタが関わっています。

ピッタは目標達成思考やエゴと繋がりがあります。休む、手放す、委ねるといった要素を生活に取り入れましょう。ゆっくりする、休む、といった要素は不規則な刺激によって乱れていくヴァータを整えていくことにも繋がります。感覚を通して、「今」という時間に意識を留めることは、ヴァータとピッタを整えるのに有効です。

生活のアドバイスは、刺激から遠ざかりゆったりすること。アルコール、辛いもの、カフェインは取りすぎないようにしましょう。暑い時期や暑い国でとれる体を冷す食材を食べると良いでしょう。

偏頭痛 アーユルヴェーダ セバスチャン・ブルーノ
「タイヴェディック」創立者の1人であるセバスチャン・ブルーノ師/photos by Shoko Matsuhashi

★自分のドーシャ(体質)がわからない人は「アーユルヴェーダ体質診断 あなたはどのタイプ?」でチェック!

photos by Shoko Matsuhashi
text by Nobue Suzuki

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

偏頭痛 アーユルヴェーダ セバスチャン・ブルーノ
偏頭痛 アーユルヴェーダ セバスチャン・ブルーノ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する