太陽礼拝でリラックス効果を高める5つのポイント

Getty Images

太陽礼拝でリラックス効果を高める5つのポイント

須藤玲子
須藤玲子
2019-06-26

太陽礼拝は12のポーズを一連の流れで繋いでいく、基本的なヨガの動きのひとつです。ヨガをやったことがある人ならおそらく一度は経験しているのではないでしょうか?太陽礼拝と言えば、身体を目覚めさせる朝ヨガのイメージがあるかもしれませんが、実はエナジーアップだけでなくリラックスの効果もあるのです。太陽礼拝の効果や、どのようなやり方で行うとリラックス効果が高まるのか?紹介しましょう。

太陽礼拝のエナジーアップ効果

太陽礼拝は、決まったポーズを繋いで呼吸を深めながら行う基本のヨガ。何度か同じ動きを繰り返すことで自分自身に意識を向けやすく、集中力を高める効果があります。また、呼吸が自然に深まるため、身体が温まって代謝が上がり、筋肉や関節も自然にほぐれて身体が動きやすくなるメリットも。背筋を伸ばして胸を開く動きは、気持ちを前向きにしてくれるため、多くの人が抱くイメージ通り、1日のスタートにぴったりのヨガです。朝に行う太陽礼拝は、テンポのよい一連の流れが身体と心のエネルギーを高め、元気に1日を過ごせるように働きかけてくれるのです。

太陽礼拝のリラックス効果

エネルギーを高めるヨガとして広く認識されている太陽礼拝ですが、メリットはそれだけではありません。前後の動きがメインとなる太陽礼拝は、肩や背中、腰回りの筋肉を動かすことで強ばりや緊張を解き、日々の溜まった疲れの解消にも効果大です!また、ダウンドッグなど、頭を下にするポーズでは働き過ぎた脳や思考を穏やかにして、ストレスのケアにもおススメ。一日の終わりに行う太陽礼拝には、朝とは逆に身体と心を穏やかに落ち着けてくれる働きがあります。実はリラックス効果も大きいのです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する