中級ポーズ「踊り神のポーズ」に挑戦!股関節を機能的に動かす2ステップヨガ練習

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

中級ポーズ「踊り神のポーズ」に挑戦!股関節を機能的に動かす2ステップヨガ練習

股関節を機能的に動かし、難度が高めの中級ポーズを安定させる方法を、ステップを追って柳本和也先生がアドバイス。教わるのはモデルの島袋聖南さんです。今回はナタラージャーサナ踊り神のポーズ)に挑戦!

ナタラージャーサナ(踊り神のポーズ)にチャレンジしよう

軸足で体を支えながら、もう一方の脚を高く上げる股関節の動きを、2ステップの準備アーサナで実現。無理せず、少しずつ行って。

完成ポーズまでのプロセス

両脚を揃えて立つ。左膝を曲げ、足首を左手で持つ。

両脚を揃えて立つ。左膝を曲げ、足首を左手で持つ。
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

左足を蹴るようにしながら上半身を前へ倒す。

左足を蹴るようにしながら上半身を前へ倒す。
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

左足を遠くに蹴り上げ、胸を開いて右手を前へ伸ばして完成。

左足を遠くに蹴り上げ、胸を開いて右手を前へ伸ばして完成。
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

アーサナのための練習:柔・鍛の2ステップで練習しよう

[柔軟のための練習:エーカパーダアドームカシュヴァーナーサナ]腿裏の緊張を取り安定した軸足に

軸足を安定させるには、ハムストリングを伸ばし、腿裏~股関節の筋肉を柔軟にしておくことが大切。上げる脚は低くてもいいので、軸足の伸びを感じて。

HOW TO

立位前屈で膝を軽く曲げ、両手を床につく。左脚を上げながら右膝を伸ばす。反対側も。5呼吸キープ。

脚を上げるとき、おへそを右に向けて骨盤位置を調整。同時に顔を上げ、胸を開いて軸足の腿裏を伸ばす。
エーカパーダアドームカシュヴァーナーサナ/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

POINT:脚を上げるとき、おへそを右に向けて骨盤位置を調整。同時に顔を上げ、胸を開いて軸足の腿裏を伸ばす。

これはNG!
背中を丸めて脚を上げるとグラつく原因に。胸が内側に入らないように背筋を伸ばして。

背中を丸めて脚を上げるとグラつく原因に。胸が内側に入らないように背筋を伸ばして。
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

[鍛える練習:ローランジ]伸展&屈曲で股関節の開閉を滑らかに

股関節の伸展・屈曲を同時に練習。脚の付け根がスムーズに動くようになり、目標ポーズで脚が上がりやすくなります。

HOW TO

①四つん這いになり、右足を一歩前に出し、左膝を床から上げる。腰の位置は、できるだけ低く。腰が浮く人は右膝に両手をのせ、背中を伸ばす。

四つん這いになり、右足を一歩前に出し、左膝を床から上げる。腰の位置は、できるだけ低く
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

②左膝を床に下ろし、重心をやや前へ。左膝を曲げ、右手で左足の甲をつかむ。反対側も。つま先を上から押さえて。左膝のお皿の上を床につけよう。5呼吸キープ

つま先を上から押さえて。左膝のお皿の上を床につけよう。
ローランジ/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

できる人は
左肘を曲げてブロックにのせる。重心を前へかけ、胸を上げて鼠蹊部のストレッチを強める。

左肘を曲げてブロックにのせる。重心を前へかけ、胸を上げて鼠蹊部のストレッチを強める。
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは...柳本和也先生
バリでヨガと出会い、日本のアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマ氏に師事。ヨガ指導のほか、イベントへの参加、国内外でのリトリート開催など幅広く活躍中。神奈川・辻堂でudayayogastudioを主宰。

モデルを務めてくれたのは...島袋聖南さん
人気番組「テラスハウス」出演後、モデルとして雑誌やショーなどに出演。スタイルブック『I am SEINA』(宝島社)が好評発売中。 IHTA認定ヨガインストラクター2級を取得。現在、IHTA1級コースを受講中。

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Kousuke Hori(+nine)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

両脚を揃えて立つ。左膝を曲げ、足首を左手で持つ。
左足を蹴るようにしながら上半身を前へ倒す。
左足を遠くに蹴り上げ、胸を開いて右手を前へ伸ばして完成。
脚を上げるとき、おへそを右に向けて骨盤位置を調整。同時に顔を上げ、胸を開いて軸足の腿裏を伸ばす。
背中を丸めて脚を上げるとグラつく原因に。胸が内側に入らないように背筋を伸ばして。
四つん這いになり、右足を一歩前に出し、左膝を床から上げる。腰の位置は、できるだけ低く
つま先を上から押さえて。左膝のお皿の上を床につけよう。
左肘を曲げてブロックにのせる。重心を前へかけ、胸を上げて鼠蹊部のストレッチを強める。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する