ヨガポーズの種類は約8400万!毎日1つだけ行うならどのヨガポーズ?

BIGSTOCK

ヨガポーズの種類は約8400万!毎日1つだけ行うならどのヨガポーズ?

ヨガポーズといえど、数えられないほどの種類がありますよね。ヨガの教本「ゲーランダ・サンヒター」によると、なんとその数8400万種類! 毎日ひとつだけ行うならどのポーズが良いか、人気ヨガティーチャーたちに聞いてみました!

1.太陽礼拝

ドリシュティ(視線)を大切にしています。「気持ちが動くと目線も動く」と言われているので、呼吸を深めながら視線を一点に定めることを意識してみて。」
アクロヨガジャパン代表 西浦莉紗さん)

「呼吸とともにたくさんの効果的なポーズが入っているので、オススメのシークエンスです。時間があればシャヴァーサナを行って終わるのが理想的です。」
(ヨガインストラクター 浅野祐介さん)

「呼吸と動きの連動が素晴らしいので、ぜひ毎日取り入れてほしいです。ポイントは、首と腰をできるだけ使わないで行うこと。慣れてきたら試してみてください。」
(ヨガ講師 柳本和也さん)

「朝、太陽礼拝を行うと、体が整えられ、気持ちが落ち着きます。その後、一日を快活に過ごすことができ、慌ただしい時も自分を見失わず、冷静な対応ができます。」
(ヨガインストラクター 鈴木伸枝さん)

2.ダウンドッグ

ダウンドッグを行う時は、脚を伸ばすだけでなく、股関節から膝は内旋、膝下は外旋と、ねじりの意識でより安定感とグラウンディングをもたらしてくれます。ぜひお試しを!」
(ヨガトレーナー、管理栄養士 岡 清華さん)

「脚の後ろと腰を伸ばすことがポイントです。肩が反りすぎないように体側が一直線になるように意識。きつい場合は膝を曲げてOK。自分のレッスンでは何度も入れています。」
(ヨガインストラクター 相楽のりこさん)

ダウンドッグ
ダウンドッグ

Text by Kuna Yun
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグ
ヘッドスタンド
開脚前屈
パドマーサナ
ヴィパリタカラニ
好きなポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する