考え過ぎをSTOP!張り詰めた神経を和らげるポーズ【リストラティブヨガ】

Nobuhiro Miyosh(RELATION)

考え過ぎをSTOP!張り詰めた神経を和らげるポーズ【リストラティブヨガ】

抜群のリラックス度を誇る「リストラティブヨガ」から今回ご紹介するのは、張り詰めた神経を和らげる「ダウンドッグのアレンジ」。モデルの伊藤ニーナさんがチャレンジしてくれました! 教えてくれたのは、リストラティブヨガアロマヨガの講師として活躍する藤田真弓先生。

神経を静めて「考えすぎ」を解消する「ダウンドッグのアレンジ」

頭の重みをブロックに預けるとさらに力が抜け、脳と神経の高ぶりもクールダウン。また、頭頂かおでこ、安定するほうをブロックにのせて手で床を押すと、背筋が伸びやすい。背中を気持ちよく伸ばすことで、自律神経も整う。10呼吸行う。

POINT:背骨を真っすぐ伸ばすことを最優先に

大切なのは背中を真っすぐ伸ばすこと。つらい人は膝を曲げてOK。ブロックは縦横で高さ調整を。

リストラティブヨガ
ダウンドッグのアレンジ/photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyosh(RELATION)
Hair&make-up by Rika Imazek(P-cott)
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

リストラティブヨガ
リストラティブヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する