座ったままで腰痛緩和!腰のこわばりをゆるめるお尻歩きをマスターしよう|前屈もスムーズに

PIXTA

座ったままで腰痛緩和!腰のこわばりをゆるめるお尻歩きをマスターしよう|前屈もスムーズに

座位の前屈を行うとき、体を倒すことに意識が向いてしまうという人は、腰や腿裏が緊張してるかもしれません。 腰がこわばっていると体が丸まり、スムーズに前屈ができません。人気ヨガティーチャー柳本和也先生がおすすめする、お腹と太腿を付けたまま行うお尻歩きで、腰のこわばりをほぐしましょう。座ったままでOK&とっても簡単なので、今日から試してみてくださいね。

上体を預けて腰をリラックス

腰が硬いままポーズに入ると、腰が丸くなり、お腹がつかえて辛い状態に。体育座りの姿勢で、太腿にお腹を預けながら背中を伸ばすと、腰の力が自然と抜けます。そのまま後ろへ、お尻歩きをすると前屈に。

HOW TO

1.体育座りになる。下腹部と太腿をぴったりつけ、両手で膝を抱えて背筋を伸ばす。

前屈の練習
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.お尻のお肉を後ろへ移動させるイメージで、少しずつ後方へお尻を歩かせていく。お腹が離れる手前で5呼吸キープ。5回繰り返す。

前屈のコツ
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

POINT
骨盤を前へ傾し、股関節をしっかり閉じることを意識。お尻を後ろに突き出すような感覚で、下腹部と太腿を離さないようにお尻歩きをする。

これはNG

お腹と太腿の間に空間ができると効果ダウン。上体を前倒させ股関節をしっかり屈曲させて。

前屈のコツ
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは...柳本和也先生
バリでヨガと出会い、日本のアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマ氏に師事。ヨガ指導のほか、イベントやワークショップへの参加、国内外でのリトリート開催など幅広く活躍中。神奈川・辻堂でudaya yoga studioを主宰。

モデルを務めたのは...池田莉子さん
モデル・ヨガインストラクター。新体操の選手として活躍後、ヨガを学ぶ。現在、モデルとして雑誌や広告、CM、ファッションショーなどに出演するとともに、ヨガ講師としても、ヨガの魅力を広く、楽しく伝えている。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

前屈の練習
前屈のコツ
前屈のコツ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する