性欲が増す、オーガズムを得られる…ヨガがセックスの質を向上させる理由

Getty Images

性欲が増す、オーガズムを得られる…ヨガがセックスの質を向上させる理由

ヨガをするとセックスが変わる?インドでの興味深い調査結果を紹介する。

12週間でセックスの満足度に変化が

セックス
Photo by PIXTA

インドでは、12 週間のヨガキャンプに参加した女性たちを調査したところ、性欲、オーガズム、全体的な満足度など、性のいくつかの分野に関して、そのクオリティが上がったという報告がされている。ヨガ(また、その他のエクササイズでも)をすると、生殖器を含めた、体全体の血の巡りや血液の循環がよくなる。ヨガを行い、自分の体との調和をより強く感じることで、性欲が高まると考える研究者もいる。

更年期の症状を和らげることも

ほてりや睡眠の乱れ、気分の浮き沈みといった、更年期の症状に対し、ヨガに助けを求める女性は多い。ヨガと更年期の関連をもっとも詳しく調べた最近の研究の分析によれば、アーサナと瞑想を含んだヨガは、うつ、不安感、不眠といった、更年期に見られる心理的な症状に効果があるという結果が得られたという。ブラジルの研究者たちが、無作為に選んだ44 人の閉経後の女性を対象に、ヨガが不眠症状に与える影響について調べたところ、ヨガを行った女性の不眠症になる割合は大きく下がったという。また別の調査でも、ヨガがほてりなどにも効果があることが示されている。

Text by Katherine Griffin
translation by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.32掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

セックス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する