【30秒でスッキリ】眼精疲労(目の疲れ・目の奥の痛み)を取る「セルフマッサージ」

AdobeStock

【30秒でスッキリ】眼精疲労(目の疲れ・目の奥の痛み)を取る「セルフマッサージ」

yun
yun
2022-02-09

今はスマホ社会。電車の中や家の中でもスマホを見ている時間は多いかと思います。デスクワークの方は目の疲れを自覚しやすいですが、そうでなくても目を酷使しています。忙しくても合間にできる、セルフマッサージをお伝えします。

疲れ目とは

お仕事中、目がかすんでショボショボした経験はございませんか?目を囲うようにぐるっとついている「眼輪筋」という筋肉があります。これは、まぶたを開けたり閉じたりするときに使う筋肉です。

眼輪筋
イラストAC

パソコンやスマホをじっと見ている時は、この眼輪筋をぎゅっとさせている状態。硬くなってしまっているのです。ここが硬くなることでコリが生まれ、目の疲れにつながるのです。

シワやたるみ・姿勢を崩す原因にも

眼輪筋を凝りっぱなしの状態にしてしまうことで、目のたるみやしわを作る原因にも。また、目の周りの疲れは首コリや肩こりなどにも影響を及ぼすため、姿勢を崩してしまうことにもつながってきます。姿勢が崩れる→呼吸が浅くなる→精神的に不安定になりやすくなる。など、見た目の面だけでなく、精神面にも影響を及ぼすことも、考えられます。

よくわからないけど、身体の不調が続く…なんてときには目の疲れからケアしてあげるのもひとつです。知らず知らずのうちに酷使してしまっている目。今回は30秒でお手軽にケアできるセルフマッサージをお伝えいたしますので、デスクワークの合間にでも、行ってみてください。

目の疲れを取るセルフマッサージ

①人差し指を出します

1

②軽く折り曲げ、関節を眉頭に当てる

2

③下を向き、頭の重さで圧をかける

3

④眉毛と目の間の窪みに沿って、

4
5

⑤眉尻のほうまでほぐしていく

6

⑥最後にピースを作り

7

⑦こめかみに指の腹を添える

8

⑧優しい強さで小さく円を描くようにくるくると動かす

9

⑨反対回しも行う

9

 

 

こめかみには「太陽」と呼ばれるツボがあります。ここも一緒にほぐしていくことにより、目の疲れがより一層解消されます。ぜひ行ってみてください!

AUTHOR

yun

yun

元々、前屈は膝に届かず、運動は苦手。しかしヨガをするほど体は柔軟に。深めるほど心も柔軟になっていくことを実感◎固定概念に囚われていた自分とはサヨウナラ!考え方が180度変化し、自分のことが好きでいられるように。モットーは「ヨガのハードルを低くする。」柔らかなレッスンを心がけている。前職は幼稚園の先生。この経験を活かしベビーマッサージ講師も務める。ただの触れ合い遊びではない、体と心と脳の成長を促す、ベビーマッサージについての講座も開催している。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

眼輪筋
1
2
3
4
5
6
7
8
9
9
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する