【座り時間が長い人】硬い股関節とカチカチのお尻を柔らかく!たった1分のほぐしストレッチ

Getty Images

【座り時間が長い人】硬い股関節とカチカチのお尻を柔らかく!たった1分のほぐしストレッチ

座っている時間が長い人、運動不足の人、必見!股間節やお尻まわりが凝り固まってきていないですか?そのまま放置しちゃうのはちょっと待った!ゆっくりとほぐしてみませんか?

股関節・お尻が凝り固まると…

長時間座っていると、お尻が凝り固まってきます。また、股関節も動きが悪くなっていきます。開脚した時痛い、あるいは、開脚が苦手と自覚している人は、ご自身の生活習慣を振り返ってみてほしいです。おそらく、座っている時間が長かったり、運動不足が慢性化していることが多いはず。また、股関節が硬いと自覚するからこそストレッチを怠り、その状態が続いて股関節回りがガチガチに、動きが悪くなっていることも考えられます。お尻も股関節も、硬さをそのまま放置しちゃうのはダメ。股関節が凝り固まることで、

・代謝が落ち、痩せにくい体になる

・姿勢が悪くなる

・上半身、下半身をつなぐパーツのため、体の衰えを招きやすい

お尻が凝り固まると、

・お尻が垂れ下がってしまう

・腰痛を引き起こす

といったことを招きやすくなると言われています。股関節とお尻は密接しているため、どちらかを柔らかくすることで相乗効果が期待できます。では早速ほぐしていきましょう!

簡単2ステップの股関節&お尻ほぐし

うつ伏せ状態になるので、心も体もリラックスしながら行ってくださいね。

やり方

1.マットの上で正座になります。お尻を右側に下ろし、左足を後ろに伸ばします。

3
マットの上で正座になります。お尻を右側に下ろし、左足を後ろに伸ばします。

2.後ろを振り返り、足先までまっすぐに伸びていることを確認します。

3.両手を体の前につき、吸う息で背筋を伸ばし、吐く息で上半身を前に倒します。

4
両手を体の前につき、吸う息で背筋を伸ばし、吐く息で上半身を前に倒します。

4.伸びを感じにくい場合には、右のすねを少し前に出してみましょう。

5.3~5呼吸分キープして、反対側も同様に行ってください。

ガチガチのお尻・股関節まわりをゆるめて楽になる

自分ではなかなか気付きにくい、股関節・お尻の硬さ。ストレッチを習慣的に行えば、体は必ず柔軟性が上がります。すぐに変化するわけではないかもしれませんが、特に長時間座っていた日は自分で自分の体をほぐしてあげませんか?

AUTHOR

NATSUMI KOGA

古賀奈津美

商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消のために始めたヨガと出会う。ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。週末のみ活動するインストラクターから、フリーランスのヨガインストラクターへと転身。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在はオンラインヨガ・児童館にてママ向けヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

3
4
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する