【冷え性さん必見】寝る前30秒!冷えた体をじんわりほぐす寝たままヨガポーズ

Adobe Stock

【冷え性さん必見】寝る前30秒!冷えた体をじんわりほぐす寝たままヨガポーズ

急に涼しくなったかと思えば、急に気温が上がって冷房を入れないと耐えられなかったり、昼と夜の寒暖差があるなど不安定な時期。こんな季節は、思っている以上に体が冷えてします。特に足など下半身の冷えは気になっている方も多いのでは?冷えた下半身をほぐす、寝たままできるおすすめヨガポーズをご紹介します。

日中は涼しくなったものの、まだまだ日中は蒸し暑く、気がついたら汗をじっとりかいていた…という人も多いのでは?そんな状態で電車に乗ると、冷房で冷えていて、汗が冷えて寒さを感じるかたも多いでしょう。オフィスの温度設定も個人でいじれるものでもなく、一方在宅中動かない中ずっと冷房の中にいるのも知らず知らずのうちに体が冷えています。今足先を触ってみて、冷たい方は要注意です。

冷えた体を温めるには

毎日寝る前の習慣として、ベッドの上でできるヨガをオススメします。これからの季節、お風呂から上がって少し経つと体が冷えやすくなります。寝る前にベットの上でできるヨガを行うことで、もう一度体を内側から温め、眠りにつきやすくなります。

寝たままヨガポーズのやり方

冷え・むくみを解消するのに適したポーズです。必要な方はタオルなど活用してくださいね。

やり方

1.ベッドの上で仰向けになります。両脚は揃えて、両手は楽な位置に置きましょう。

2.右ひざを胸の方に引き寄せます。時間があれば1呼吸分キープして、太ももで腸を刺激してあげるのもいいでしょう。

1

3.両手で右足裏をつかみ、吐く息とともに膝を伸ばします。このとき膝を伸ばすことが辛い、足裏をつかめない場合には足裏にタオルかヨガベルトをかけ、膝を伸ばすようにしましょう。

2
3

4.吐く息ごとに、痛気持ちいいところまで右のつま先を顔に引き寄せます。約30秒キープできたら反対側の脚も同様に行ってみましょう。

冷えた日はもちろん、一日歩いて疲れている日の夜などもオススメのポーズですよ。

習慣としてストレッチを!

体が冷えると、いつも以上に疲れも感じやすいもの。そんなときこそ、仰向けのままできる今回のポーズにチャレンジしてみてください。下半身のストレッチができ、疲れにくい体に導きます。寝たままでOKなので、一日の疲れを癒す時間にしてみてくださいね。

AUTHOR

NATSUMI KOGA

古賀奈津美

商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消のために始めたヨガと出会う。ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。週末のみ活動するインストラクターから、フリーランスのヨガインストラクターへと転身。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在はオンラインヨガ・児童館にてママ向けヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

1
2
3
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する