【お尻が垂れる人のダメ習慣3つ】あなたのお尻はあなたが作っている!垂れ尻を引き上げる1分エクサ

Adobe Stock

【お尻が垂れる人のダメ習慣3つ】あなたのお尻はあなたが作っている!垂れ尻を引き上げる1分エクサ

「お尻が垂れてくるのは年齢のせいだから仕方ない…」と諦めていませんか?もしかしたらお尻が垂れる原因は、毎日の習慣の中にあるのかもしれません。今回はチェックしてほしい3つの習慣と、垂れ尻改善に効果大の1分トレーニングをご紹介します。

お尻が垂れる人のダメ習慣3つ

①立っている時、気が付くと猫背になっている

猫背
こんな姿勢になっていませんか? illustration by 写真AC

電車を待っている時や家事をしている時…気が付くと背中が丸まり、猫背になっていないでしょうか?試しに思いっきり背中を丸めてみてください。すると骨盤が後ろに傾き(骨盤後傾)、お尻全体が床の方へ下がるのが感じられると思います。まずは背筋を伸ばすことで骨盤の位置を整えることから始めましょう。

②エスカレーターと階段があったら迷わずエスカレーターを選ぶ

エレベーター
エスカレーターor階段、あなたはどっち? illustration by 写真AC

目の前に上りエスカレーターと階段があったら、あなたはどちらを選びますか?「階段は疲れるから絶対エスカレーター」という方、もったいないです!お尻の筋肉を使う貴重な機会を見逃していますよ。ぜひ積極的に階段を使いましょう。特に上りの時、かかとで階段を踏みしめるようにするとヒップアップに効果大です。

③膝下だけでちょこちょこ歩く

歩く
膝下だけで歩いていませんか? illustration by 写真AC

「歩く時に歩幅が狭い」「歩く時動くのは膝下だけ」こんな“膝下ちょこちょこ歩き”が習慣になっていたら垂れ尻注意です!この歩き方では、ほとんどお尻の筋肉が働きません。ポイントは「歩幅を大きく」「腿の付け根から動かす」こと。お腹を引き上げて、脚を骨盤より後ろに伸ばすように意識して歩いてみてください。

さて、あなたはいくつ当てはまりましたか?「ダメ習慣」があった方は、「よい習慣」を身につければプリンと上向きのお尻を目指せるということですよ!お尻の丸みを形作っているのは大臀筋(だいでんきん)という筋肉。筋肉はいくつになっても鍛えることができますので、今日からさっそくお尻の筋肉を働かせる「よい習慣」を身につけていきましょう。簡単にできるお尻トレーニングもご紹介しますので、ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてください。

垂れ尻レスキュー1分間トレーニング

やり方

1. 足を肩幅に広げて立つ/足先は少し外向き

2. 腰を落とし、手で足先をタッチ

3. ゆっくり立ち上がる

4. 2~3を1分間繰り返す

▼動きやポイントを動画でチェック▼

 

AUTHOR

のぐちかなこ

のぐちかなこ

専業主婦からヨガ講師へ。大手ヨガスクールにて全米ヨガアライアンスの講義 (RYT200/RPYT85)及びヨガレッスンを年間1,000時間以上担当。2018年に独立し〈あんどYOGA〉を立ち上げる。現在もヨガインストラクターの養成に携わりながら、特に産前産後に関するヨガや新米ヨガインストラクターサポートに力を注いでいる。オンライン講座も多数開催中。プライベートでは三姉妹の母。あだ名はかーちゃん。Instagram:@kaacyan123

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

猫背
エレベーター
歩く
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する