新しい年からおうちヨガを習慣にしたい人へ│ヨガ経験問わずおさえておきたい4つのポイント

Adobe Stock

新しい年からおうちヨガを習慣にしたい人へ│ヨガ経験問わずおさえておきたい4つのポイント

新しい年こそはヨガの習慣をつけたいと、年末年始にかけておうちヨガを始める人、久しぶりに再開する人も多いのではないでしょうか?ヨガをする時間帯や長さを自由に選べるのがおうちヨガの最大のメリット。ヨガの経験を問わず、習慣として続けられるためにおさえておきたいポイントをご紹介します!

何よりも大切な安全性を確保する

ヨガをするにはマットが敷けるスペースがあればOKと言われることもありますが、バランスポーズで体勢が崩れて家具などにぶつかったりなどのアクシデントを避けるためにも、できる限りスペースを確保するようにしましょう。いつもできると思っているポーズがいつもできるとは限りません。ヨガの練習の練習で一番基大切な安全性にはきちんと気を配るようにしましょう。

必要なものはあらかじめ手元に用意しておく

基本的にはマットと自分の体があればヨガはできますが、時にはヨガベルト、ヨガブロックブランケットなどの補助用具(プロップス)、またはそれらに代わるものを使いたい場合もあるでしょう。途中でマットから離れて別の場所へ取りに行ったり探しに行くなどして練習を中断してしまうと集中力が途切れたり、場所を行き来する間に他のことをしてしまう可能性もあります(自宅ゆえの誘惑もあるでしょう!)。必要な時にすぐに使えるように予め準備して手の届くところに用意をしておくことも、集中しておうちヨガをするためのポイントです。

homepractice
Photo by Maryjoy Caballero on Unsplash

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

homepractice
homepractice2
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する