新年からヨガを始める人へ|知っておきたい5つのこと【ヨガ入門動画】

Getty Images

新年からヨガを始める人へ|知っておきたい5つのこと【ヨガ入門動画】

磯沙緒里
磯沙緒里
2020-01-13

新年から新しいことを始めてみたい方や、心身ともに健康的な体づくりをしたい方にとって、ヨガはお勧めです。しかし、ヨガを始めてみたいけれど踏み出せない方にとっては、ヨガはとっつきにくいものですよね。ヨガ未経験者や初心者はなにかしらの不安や疑問を抱えているのではないでしょうか?例えば、「体が硬くてヨガは難しそう」「敷居が高くてヨガスタジオに行きにくい」「運動不足でついていけるか不安」などの声は実際に多く寄せられます。今回は、そんなヨガ未経者や初心者がヨガを始めるにあたって知っておくと安心なことをお伝えします。 

1.通いやすいスタジオで初心者向けのクラスを探す 

ヨガは、ヨガスタジオだけでなくフィットネスジムや公共の場でのヨガイベントなど、様々な場所で行っています。まずは、自宅や職場周辺などの通いやすく馴染みのエリアでヨガができる場所を探してみましょう。ヨガをしている友人がいたら、お勧めのスタジオや講師について聞いてみるのもお勧めです。実際に通っている人から雰囲気が伝わると、初めての場所でも訪れやすくなることでしょう。 

その中でも安心なのはヨガスタジオの初心者向けのクラスです。初心者向けクラスは基本的なポーズで構成されていて、まずはヨガの基礎から始まることが多く、ヨガのポーズがわからない場合でも安心して参加できます。体が硬くてポーズを完璧にとれなくても、ブロックやストラップなどでサポートするやり方を教えてもらえることが多いです。初心者向けクラスがあるかわからない場合は、スタジオに電話して問い合わせてみましょう。クラス名ではわからなくても、初心者にお勧めのクラスがある場合があります。 問い合わせた場合は、ヨガマットを持参する必要があるかなど持ち物について尋ねてみてもいいでしょう。

2.動きやすいウェアを用意する 

ヨガのポーズをとると全身を大きく動かしていくため、伸縮性のあるウェアを着用しましょう。特に関節まわりが十分に動くようなウェアがお勧めです。実際にレッスンを受けてみてヨガを続けたいと感じたら、ヨガウェアブランドのウェアを見てみましょう。ヨガに適したつくりになっているので、ポーズのとりやすさを感じることでしょう。

また、動いていくとじんわりと汗ばむようなレッスンでも、レッスンの最初は呼吸法を行ったりゆったりとした動きから始まり、最後は仰向けで5〜10分ほど休むことが多いため、動きが少ない時にも冷えないように羽織りものや靴下などを準備するといいでしょう。汗をかいたら自分の汗で冷えないようにタオルを持ち込むこともお勧めします。

慣れてきたら、ヨガマットも自分のものを用意すると快適です。例えば、手に汗をかきやすい人は滑りにくいヨガマットがあるとポーズをとりやすいですし、汗かきの方はヨガマットの上に敷くヨガタオルがあるといいでしょう。レンタルヨガマットに抵抗がある方は、レンタルヨガマットの上にヨガタオルを敷くだけで安心感が出ます。

撮影協力 BAYFLOW YOGA STUDIO

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

新年からヨガを始める人へ|知っておきたい5つのこと【ヨガ入門動画】
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する