前屈・開脚した時に股関節が鳴るのはなぜ?メカニズムと改善に向けたヨガトレーニング

Adobe Stock

前屈・開脚した時に股関節が鳴るのはなぜ?メカニズムと改善に向けたヨガトレーニング

伊藤香奈
伊藤香奈
2020-09-14

股関節につまりを感じて、日常からポキポキしている方へ。股関節を動かし、正しい位置に戻すことで改善できるかもしれません。

指の関節をギュッとして「指をならす」方は日常でも多く見かけますが、指と同じように股関節をポキポキとならす方や、何かの動作でポキっとなってしまう方は意外に多くいらっしゃいます。ヨガで開脚した時や前屈をした時、股関節を回すストレッチをした時など、人によって「ある方向」に動かすとポキっとなって、股関節がはまるような感覚になる方もいるのではないでしょうか。股関節がポキポキとなる原因は個人差があるため「絶対にこれが原因です!」とは言い切れませんが、股関節を動かし、位置を整えることで改善する可能性があります。

股関節の"はまり"を知ろう

股関節は骨盤側に丸型にへこみがあり、太もも側の骨がへこみにはまっている形になっています。ヘルメットや帽子をかぶっているのをイメージしてみてください。ヘルメットや帽子もちゃんとかぶれていないと、なんとなく違和感を感じますよね。それと同じように、股関節の位置もしっくりこないと違和感を感じることがあります。ポキポキっと股関節を鳴らす動きをした後にしっくり来る感じや動かしやすい感じがあると思いますが、これは違和感を解消できたからかもしれません。

股関節の位置
骨盤側の丸い凹みに、太もも側の骨がはまっているイメージ

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

股関節の位置
股関節を動かすポーズ
股関節を動かすポーズ
前屈・開脚した時に股関節が鳴るのはなぜ?メカニズムと改善に向けたヨガトレーニング
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する