股関節を柔らかく!股関節の内側を動かすヨガストレッチ

Getty Images

股関節を柔らかく!股関節の内側を動かすヨガストレッチ

伊藤香奈
伊藤香奈
2020-07-04

股関節を柔らかくしたい!もっと開脚できるようになりたい!という人必見の、股関節を動かすヨガストレッチをご紹介します。

股関節を動かそう!

ヨガクラスで良く行うあぐらのポーズでも、脚を大きく開いて前屈する開脚のポーズでも、股関節の内側の柔軟性があるほどポーズがとりやすくなります。股関節の内側は、なかなか意識して動かすことがないため、単純にぎゅーと筋肉を伸ばすようにストレッチするよりも、動かしながら筋肉をほぐしていくようにストレッチを行うこと効果的です。股関節の位置を意識しながら(股関節の正しい位置についてはこちらの記事をチェック)エクササイズしていきましょう!

股関節の内側に効くエクササイズ

1.よつばいになったら膝と膝の間をマット幅程度に開きます(広めに開ける人は、マットを横に使って足幅を広くしましょう)

2.足の親指同士を触れるくらい軽くつけます

3.息を吸いながら、腕に体重をかけるようなイメージで体を前にスライドさせ、股関節をマットに近づけるようにします

4.息を吐きながら、尾てい骨(またはお尻の穴)を突き出すようなイメージでお尻をかかとに近づけていきます

5.呼吸に合わせて10~20回繰り返し行いましょう。

股関節ストレッチ
股関節に無理のない範囲で、上体をもっと前にスライドさせて、股関節をマットに近づけてもOK
股関節ストレッチ
股関節の位置を意識しながら、お尻を後ろに突き出すようにて行いましょう

エクササイズ後は、うつ伏せになってお尻を左右に振り、使った股関節周りを緩めましょう。あぐらのポーズで座ると、腰が立てやすくなっていたり座りやすくなっているのを感じるでしょう。また開脚を行うと、脚の付け根から大きく開く感覚がわかりやすくなっているでしょう。内側の小さな筋肉にもアプローチしていくため、お風呂上り等、体が温まっている時の行うと効果的です。

ライター/伊藤香奈

股関節ヨガインストラクター。会社員歴20年の長年の座り仕事&長時間通勤で、股関節と腰の痛みに悩まされる。解剖学の知見を深め、ヨガ・ストレッチ・筋膜リリースを組み合わせた独自のエクササイズで痛みを克服。この経験をもとに「股関節ヨガ」というメソッドにまとめ、「立つ・歩く・家事をする・仕事をする」といった日常の動きが楽になるヨガを考案。股関節が整うことで、美脚・美尻・むくみ解消・ボディメイクの効果や便秘解消といった女性に嬉しい効果もあると人気が広まっている。Instagram:@itokanayoga45

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

股関節ストレッチ
股関節ストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する