理学療法士が教える「骨盤をしめる」の意味と効果的な効かせ方

Adobe Stock

理学療法士が教える「骨盤をしめる」の意味と効果的な効かせ方

伊藤香奈
伊藤香奈
2020-06-12

ヨガレッスンの中で良く聞く「骨盤をしめる」というワード。あなたはどのようにイメージしていますか?もしかしたら、そのイメージに誤解があるかもしれません。

「骨盤を締める」の勘違い?

ヨガレッスン中でも多く聞かれる「骨盤を締めて」というキーワード。皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?骨盤ベルトを骨盤全体に巻いて、おへその前あたりでキュっと止めると、骨盤の前の骨が中央によってきて骨盤全体が一回り小さくなるようなイメージでしょうか?実はそのイメージ、勘違いかもしれません。

「骨盤を締める」はあり得ない?

医学用語に「骨盤を締める」という言葉はありません。骨盤全体がクワガタの角のように、大きく開いたり閉じたりするイメージを持っている方も多くいるようですが、そのイメージで骨を締めようとしても実際に骨は動くことはありません。(動いても数ミリという小さな動きです)それよりも、骨盤にくっついて動いている多くの筋肉や、骨盤が動くと連動して動かされる筋肉のの動かし方や、筋肉の柔軟性、筋肉の左右差等を整えていくことが重要になります。

骨盤を中心に、全体を整える意識を!

骨盤の歪み、骨盤調整、骨盤矯正…世の中【骨盤】という言葉で溢れています。しかし、全身は筋肉や骨、筋膜、血管、リンパなど、様々なもので繋がっているので、骨盤単体がゆがむことはなく、また骨盤の使い方ひとつが全身に影響を及ぼします。立ったり座ったり体を動かしたりする体の使い方の中で、骨盤がニュートラルな状態にあることがとても大切になります。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する