実録「デジタル・デトックス」の効果|便利だからこそ距離を置きたい理由とは

Photo by Marianne Krohn on Unsplash

実録「デジタル・デトックス」の効果|便利だからこそ距離を置きたい理由とは

バスで、電車で、信号待ちで、カフェで、道端で…大抵の人々の視線は斜めした方向。その視線の先にはスマホ。仕事をしている人はさておき、スマホを眺める時間は何も考えないで気楽な時間、ある人にとっては至福の時間でもあるかもしれません。ただし時に有りもしないこと、余計な情報に惑わされ、心がモヤモヤしてしまうことも。そんな方は、あえてデジタルから距離を置く「デジタル・デトックス」をおすすめします。

「デジタル・デトックス」とは

digital divice
Photo by Matthew Kwong on Unsplash

「デジタル・デトックス」は英語の「Digital detox」がそのまま日本語として使用されています。スマホやダブレット、PCなどのデジタル機器から(一時的に)距離を置くこと。英語の「detox(デトックス)」には、体内に溜まった毒物を排出する意味がありますが、デジタル・デトックスは普段の生活から心身にたまったストレスや疲労を取り除くこと目的とし実践します。

デジタル・デトックスのやり方

デジタルデトックスには、さまざまなやり方があり、「これ!」がデジタル・デトックスというものはありません。それぞれのライフスタイルに合わせて自分の無理のない範囲で行うのがおすすめです。

  • 週末は外出時にスマホを持ち歩かない
  • 仕事以外ではデジタルと付き合わない
  • スマホの「おやすみモード」機能を利用して、スマホ利用の時間制限やSNSの利用制限をする
  • 旅行先(目的地)ではスマホに触らない

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

happy
mindful
smart phone
digital divice
実録「デジタル・デトックス」の効果|便利だからこそ距離を置きたい理由とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する