占い依存と恋愛中毒に共通するもの|人生のエッセンスと盲従の境界とは#やめられない理由

Getty Images

占い依存と恋愛中毒に共通するもの|人生のエッセンスと盲従の境界とは#やめられない理由

依存症予防教育アドバイザーの資格をもつ佐藤彩有里さんによる不定期シリーズ「#やめられない理由」では、依存とその背景にある原因について具体的な事例を交えてご紹介します。前回のSNS依存に続き、今回は、占い、ヒーリング、カウンセリング、パートナーなどに<重要な決断を頼ってしまうことがやめられない!>という依存について考えてみましょう。

人生のエッセンスと盲従の境界

占いやヒーリングといったものに興味を持ったり、体験したことがある人は多いのではないでしょうか。人智を超えたものに対する好奇心や信心はいつの世にもあり、「科学的でない」という理由で一刀両断するのは味気ないものです。ただ、エンターテインメントや人生のエッセンスとして生活に取り入れるにとどめていれば問題ありませんが、相手の言うことを神格化してそれだけを盲従することは危険です。
また、深い心情をやりとりする相手とは依存関係になりやすく、だからこそプロのヒーラーやカウンセラーは相手に共感的であろうとしつつも、相手を依存させないように気をつけます。時たまアドバイスすることがあっても、そうする理由と、理論や知識に基づく内容があるはずです。
ですから、「〜しないと〜になる」と脅したり、「私の言う通りにしておけば間違いない」と自分のいいなりにしようとする相手には注意が必要ですし、相手の存在や言動などが自分の一部でなく「大部分」あるいは「全部」になっていないか?のチェックは恋愛依存にも当てはまります。

「選択の自由」の放棄欲求

一方で、複雑な選択や決断が迫られることの多い時代においては「<何でも自分で決めなくてはいけないということ>を放棄したい」という甘美な誘惑があるのも事実です。何から何まで自分で選択するのは疲れます。また、自分で決めたらその結果について自分で責任をとらなければならなくなりますが、人が決めたことに従えば、その結果がたとえネガティブだったとしても、心のどこかで相手のせいにできるという甘えもあるでしょう。
とは言え、なんでも自分でコントロールする・できると考えるのも極端で、状況や他人に委ねるという態度が必要なこともあります。しかし、自分にとって重要なことを誰かに決めてもらおうとすることが行き過ぎると人生をコントロールする力が弱まるばかりか、相手と主従関係になり、人間関係やお金など、人生において大事なものが奪われるということも考えられます。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する