テレワーク中の肩こりに|隙間時間で肩をほぐす4つのストレッチ

photo AC

テレワーク中の肩こりに|隙間時間で肩をほぐす4つのストレッチ

伊藤香奈
伊藤香奈
2020-04-03

テレワーク(リモートワーク)の隙間に手軽にできる、肩こり解消ストレッチをご紹介。寝たままでできるので、ずぼらなあなたも大丈夫!日常的に巻き肩に悩んでいる方にもオススメです。

テレワークは肩こりのもと?!

自宅で仕事をするテレワーク(リモートワーク)を行う人が増えてきました。しかし、いつもの会社のデスクとは机や椅子の高さが違ったり、ディスプレイも使えないため、肩こりを生みやすい状況かもしれません。合間合間にストレッチを行って、肩こりを予防していきましょう!

おうちでできるクッションストレッチ

自宅で行うストレッチには、部屋にあるアイテムをぜひ活用しましょう。今回はクッションを使用した肩こりに効くストレッチをご紹介します。クッションがない場合は、枕でも大丈夫。肩がこってきたな~という時や、集中力が切れたなと感じたときにもオススメです。

・ストレッチを行う前と後の、肩の状態をチェックしましょう。腕を上げたり肩を回したり、深呼吸をすると違いを感じられるでしょう

・呼吸を止めないようにしながら、心地よくできる範囲で行いましょう

・クッションは1つでもOK。自分が快適な高さを探しましょう

・5~10呼吸、ゆっくりと行いましょう

1.けのび1

けのび1
肩甲骨あたりをクッションの上にのせて、両腕を頭の向こう側に伸ばしましょう

2.けのび2

けのび2
脇腹あたりをクッションにのせて、両腕を頭の向こう側に伸ばします
脇の下~あばら周りにストレッチを感じながら、呼吸をそこに送りましょう
5~10呼吸行ったら、反対側も行います

3.肩回し

おうちヨガ 肩回し・巻き肩・肩こり
2と同じ体勢のまま、上側の肘を曲げて肩を回しましょう
肩甲骨全体から回す意識で行うと、回しやすくなります

4.脇の下ストレッチ

おうちヨガ 肩回し・巻き肩・肩こり
クッションの上に前腕をのせて、脇の下をストレッチしましょう
お尻をぐーっと後ろに引くと、さらにストレッチが高まります!

ライター/伊藤香奈

ヨガビジネスアドバイザー、ヨガインストラクター、ヨガライター、会社員。ハワイで全米ヨガアライアンス200時間を取得後、ヨガマットブランドにて新規ヨガイベントの立ち上げや新人講師発掘オーディションのプロデュース責任者等を歴任。800人以上のインストラクターと出会い、現在ヨガ雑誌やイベントの第一線で活躍するインストラクターを数多く育成・輩出する。2017年にヨガインストラクターのビジネスサポートを行う「ヨガビジネスアドバイザー」と「ヨガライター」の活動をスタート。ヨガインストラクター向けビジネス講座を毎月開催し、ヨガインストラクターの活躍を裏から支えている。Instagram:@itokana45

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

けのび1
けのび2
おうちヨガ 肩回し・巻き肩・肩こり
おうちヨガ 肩回し・巻き肩・肩こり
テレワーク中の肩こりに|隙間時間で肩をほぐす4つのストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する