軸がぶれない「ねじった安楽座」のコツ|理学療法士に聞くやりがちポーズ改善法

Shoko Matsuhashi

軸がぶれない「ねじった安楽座」のコツ|理学療法士に聞くやりがちポーズ改善法

軸がずれてしまう時の改善法

体が後ろに倒れてしまうのは、軸の感覚がないから。まず、手で頭頂部を押し、そこに向かって伸びていく軸の感覚をつかもう。その感覚を保ったまま、体を回旋させて。

やり方

両手で頭頂部を押す。その手を押し返すつもりで、頭を突き上げる。お尻は床をグッと押し、頭頂は上へ伸びていく感覚で行うと、軸が意識できる。

両肩を左右均等に引っ張り、胸と背中の長さを変えずにねじっていければOK! お尻と頭頂部で引っ張り合うと軸もブレません。

ねじった安楽座を手でねじっている時は|理学療法士に聞くやりがちポーズ改善法
photo by Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは…中村尚人先生
理学療法士、ヨガインストラクター。UTLにて長年ヨガの解剖学講師を担当。医療とボディーワークの融合、予防医学の確立を目指し活動中。「TAKT EIGHT」主宰。3月にヨガシナジーTTレベル2参加のため渡印。4月8日にTAKTEIGHTでWSを行う。

モデルを務めてくれたのは…愛甲千笑美さん
モデル。宮崎県出身。現在、『with』『CanCam』『Oggi』など数多くの女性ファッション誌で活躍。 TBS「ビジネスクリック」木曜日レギュラー。小学・高校時代の7年間でバレエを習う。特技は韓国語と英語

  • 2
  • /
  • 2

photos by Shoko Matsuhashi
hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ねじった安楽座を手でねじっている時は|理学療法士に聞くやりがちポーズ改善法
ねじった安楽座を手でねじっている時は|理学療法士に聞くやりがちポーズ改善法
ねじった安楽座を手でねじっている時は|理学療法士に聞くやりがちポーズ改善法
ねじった安楽座を手でねじっている時は|理学療法士に聞くやりがちポーズ改善法
ねじった安楽座を手でねじっている時は|理学療法士に聞くやりがちポーズ改善法
ねじった安楽座を手でねじっている時は|理学療法士に聞くやりがちポーズ改善法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する