木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう

IKKEN

木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう

解剖学は体を正しく使うための手引書。けが予防だけでなく、パワフルかつ効率よく動くためにも役立ちます。そこで「関節の使い方」を一歩踏み込んでご紹介。「関節のニュートラルな位置=中立点」を知ることで、効率よく体幹の力を末端に伝え、安定したヨガポーズをとることができます。教えてくれたのは、理学療法士でヨガインストラクターの中村尚人先生。今回は、ヴルクシャーサナとヴィーラバッドラーサナⅢで「股関節」の中立点を学びましょう!

股関節の中立点を知る

股関節を中立点で使うと体に軸が通り、バランスポーズが安定します。前後の中立点は、骨盤が前後に傾いていない真っすぐ立った位置。左右はおへそが正面を向く位置です。片脚立ちポーズの中で見つけてみましょう。

ヴルクシャーサナの場合

ステップ1:鼠蹊部を軽く引いて腸腰筋にスイッチON

股関節を中立にしてヴルクシャーサナを行うと、腸腰筋が働きます。上体が上へ伸び、バランスが安定します。

HOW TO
右膝を曲げ、足裏を左腿の内側へつける。軸脚の鼠蹊部を軽く引いて骨盤を立てる。骨盤から上体が引き上がっていることを感じよう。反対側も。それぞれ30秒キープ。

木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
Photo by IKKEN

NG:骨盤が前傾している
体軸が前に倒れてしまい、背筋・大臀筋・ハムストリングに過剰な負担がかかる。

木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
Photo by IKKEN

NG:骨盤が後傾している
軸を安定させる腸腰筋が働かず、靱帯によりかかるので痛めてしまう原因に。

木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
Photo by IKKEN

ステップ2:軸脚の鼠蹊部が軽くへこむ位置

軸脚の鼠蹊部を手でさわって、出すぎていないか(骨盤後傾)、引っ込みすぎていないか(骨盤前傾)を確認。鼠蹊部を軽く引いた位置が中立。

木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
Photo by IKKEN

Photos by IKKEN
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Illustration by Misako Nakagawa
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.65掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
木のポーズが格段に安定|股関節の中立点を探してみよう
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する