【40秒動画】眠れぬ夜に。頭と顔のこわばりをほぐすセルフケア

Mika Nihei

【40秒動画】眠れぬ夜に。頭と顔のこわばりをほぐすセルフケア

ヨガインストラクター仁平美香先生による「女性のためのヨガ(月経血コントロールヨガ)」を動画で学ぶ連載コーナー。足先や頭部などの末端からゆるめて【力みのない姿勢】を作り、体のゆるめる・しまるのバランスを整えるヨガです。このヨガを続けると呼吸が深まり、骨盤底筋群などのインナーマッスルが働きやすくなるだけじゃなく、内臓も正しい位置に収まり、下腹部にある子宮など女性に大切な臓器を圧迫しない体に!今回はセルフケア方法をご紹介!

耳を動かして頭部、顔のこわばりをリリース

頭部の緊張は、肩、首だけでなく、肌や髪、そして全身に影響を及ぼします。今日は、耳を動かすことで側頭部を中心に頭部をゆるめるセルフケアを紹介します。耳周りをほぐし、顎関節周辺をゆるめると副交感神経の働きが高まります。頭を使いすぎて眠れないときや頭痛がする時などにも行ってみましょう。

顔のこわばりをほぐしたいときや、頭痛があるとき、頭を使いすぎて眠れないときなどにもおすすめです。耳をやさしく動かして側頭部を中心に頭部をゆるめていきましょう。

 

HOW TO

①人さし指と中指で耳をはさみ、手でそっと即頭部を抑えます。

②手を上下にやさしくほぐすように動かします。

③次に手を前後に動かします。

④ゆっくり円を描くように動かします。

⑤反対回しも同様に気持ち良い程度に行いましょう。

効果を出すポイント:口をぱくぱく開けたり閉じたり動かす。
口をぱくぱく開けたり閉じたり動かすのも顎関節周辺をゆるめるのにおすすめです。このとき大きく口をあけるよりも小さくゆらすように動かすと顎関節周辺の緊張をほぐしやすいです。 お風呂に入りながらや、寝る前に行って頭の緊張をほぐしましょう。

時間があれば、動画のワークのあと、耳全体をやさしくもんでみましょう。耳たぶには血流をよくしてくれるツボもありますので念入りに行うとお肌にも◎

教えてくれたのは…仁平美香
ヨガ講師(月経血コントロールヨガ、産後ママのためのメンテナンスヨガ、体軸ヨガ講師養成スクール講師)、セラピスト(内臓・骨盤底ケアforwomenなどのメニューを担当及び整体スクール講師)、栄養士。一般社団法人日本ホリスティックヘルスケア協会理事。女性のためのヨガ協会代表。女性のためのイベントYOGAWOMANにて講師を担当する他、企画運営にも携わる。「カラダをゆるめてこころを整えるはじめての月経血コントロールヨガ」「医師もすすめる血管美人ヨガ」等著書多数。雑誌・WEB等コラム監修も行う。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する