プラクティスを強化するための5つの早朝の儀式

YJ US

プラクティスを強化するための5つの早朝の儀式

朝起きた直後、朝食に何を食べようかな?とまず思考することから既にヨガプラクティスは始まっています。ヨガマットに立つ前に、頭の中をクリアにしてプラクティスに活力を吹き込むためのヒントとテクニック、そしてプラクティスを試してみてください。

1. 朝一番に瞑想する

多くのヨギは、朝起きてすぐに瞑想を行うと精神的な混乱を解消し、プラクティス(そしてその日)の心積もりに役立つとして、朝一番に瞑想を行うと述べています。目覚まし時計を設定し、夜明け前に起きて静かな自分だけの時間を持つと、ベッドから起き上がるのが楽になり、その日一日のためのエネルギーが満ちてきます。

早起きするために少しインスピレーションが必要ですか? それならディーパック・チョプラ氏による目覚めの瞑想を試してみてください。自分の内面を見つめ、その日の4つの目標を決める手助けをしてくれます。または、この目覚めの瞑想では、肯定的なメモ、つまり見える化することによって1日を始めることができます。もしくはベッドの中で自分の呼吸に合わせて5分間の沈黙を保つのも良いでしょう。

Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

朝のプラクティス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する