ヨガプラクティスで「自我やネガティブな感情を手放す」4つの技術【ヨガハワイマガジン】

yoga hawaii magazine

ヨガプラクティスで「自我やネガティブな感情を手放す」4つの技術【ヨガハワイマガジン】

ハワイのヨガマガジン「Yoga HAWAII Magazine」人気記事をヨガジャーナルオンラインが独占配信!今回のテーマは「自分のなかのネガティブな感情を手放すヨガプラクティスの4つのキーワード」。ホノルルでヨガインストラクターとして活躍する、ジュリー・ザックさんが教えてくれました。

先日、会社のデスクで大量のメールを延々と整理していたら、私が最近完了させたプロジェクトについて、同僚が大声で誰かに文句を言っているのが聞こえてきた。ショックだった。私に言わずに他の人に私の仕事への不満を話していたせいもあるが、そのプロジェクトは全力を尽くして成し遂げたので、自分でも誇りに思っていたからだ。とたんに頭にきて、悔しさ、痛み、嫌悪感が胸の中で渦を巻きだした。

これらの感情に飲み込まれる前に、私は自分に二つの問いかけをした。この感情は自分の為になるの? この出来事から学べることはある? 私は少し考えてから、答えを書き出してみた。そして気づいた。まわりで起きることは変えられないが、最高の自分でいられるように努力することはできる、と。すると、心に深く根を張っていたネガティブな感情の塊がほぐれ始め、少しずつそれを手放せるようになった。

それがすぐにできるようになったわけではない。そもそも私は悩みだすと、我慢の限界までためこんでしまうたちだ。だから、冷静に考えながら意識的にネガティブな感情を手放せるになるまでには何年もかかった。そのサポート役をしてくれたのはヨガだった。

ヨガハワイマガジン
マットの上でも外でも、不要なものを手放すことが、ヨガの最終目的に近づく鍵となる。

by Julie Zack
translation by Sachiko Matsunami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガハワイマガジン
ヨガハワイマガジン
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する