車上生活からの復活ストーリー|私の人生を変えたヨガ

YJ US

車上生活からの復活ストーリー|私の人生を変えたヨガ

ホームレスだったときのこと

それから、私はついにオーランドで新しい仕事を得て、ナッシュビルに娘を預けながら、車上生活をしました。毎晩眠るために車へと帰ると、ある日、自分に何が足りていないか気づきました。私はただ存在しているだけで、本当の意味で自分が幸せだと感じられることを何もしていませんでした。ふと思いついて、インスタグラム上のヨガ・チャレンジに参加し、自分でプラクティスを始めました。車で生活していたときは、ジムでプラクティスをしてシャワーを浴びていました。もっとヨガを学びたいと思うようになり、ダウンタウンにある無料のヴィンヤサヨガのクラスを見つけました。クラスに来ている人は皆、フレンドリーで親切でした。クラスの後、多くの人がアクロヨガをするために残っていました。通っている多くのヨギはより上を目指していたので、私はだらだらと残るつもりはありませんでした。しかし、私の心の中でこんなつぶやきが聞こえたのです。「クレオ、残ってみなさいよ。あなたに失うものはないでしょう?」と。そして、私はヴィンヤサヨガアクロヨガのグループレッスンを初めて経験することができたのです。とても疲れましたが、大変幸せな気持ちになりました。長い間ひどく寂しくて鬱々とした気持ちが続いていましたが、このとき、最高の気分を味わいました。そしてすぐに次回のヨガクラスとヨガコミュニティのミートアップ(集まり)を検索しました。数ヶ月後、新しいアパートへと引っ越しました。間も無く、娘がフロリダへと戻り、一緒に住み始めました。

Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する