鬱、自殺願望…どん底の生活からの再生|私の人生を変えたヨガ

YJ US

鬱、自殺願望…どん底の生活からの再生|私の人生を変えたヨガ

ブラッド・ウェルツァーは薬を過剰摂取し、霧の中をさまよい、自分が自分でないような不快感を覚えていました。しかし、ヨガとの出会いによって心を開き、かつてのように全てを感じることができるようになりました。

うつの後にヨガで一変した私

38歳を迎えた時、私は困難に陥っていました。10代の頃から悩まされていた断続的なうつが段々と頻繁に起こるようになり、深刻さを増していきました。うつの症状を和らげるためにたくさんの薬を服用しました。まずは抗うつ剤。そしてそれらが痛みに効かなくなると、精神科医にもっと容量を増やしてもらえるように頼み、もっと強い作用の薬を試すようになっていきました。そして更に別の薬へと手を伸ばしたのです。最終的には1日当たり12種類の異なる薬、25個のピルを服用していました。私はかつてニューヨークタイムスやニューズウィークなど数多くの媒体と契約し、世界中を旅する雑誌ライターおよび編集者として成功し、活躍していました。遠隔地にも向かう勇敢な旅人でした。薬は私から全てを奪いました。私は霧の中に消えてしまったのです。薬の副作用でろれつが回らなくなりました。歩くとつまずきました。倒れずに自転車に乗ることはできませんでした。妻がついに私の自転車を隠してしまったのはとても悲しかったです。そして7年間ほとんどをベッドの中で過ごしました。

Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する