自殺願望を持つ私を変えてくれたヨガ

YJ US

自殺願望を持つ私を変えてくれたヨガ

アメリカに住む若きラテン系女性たちは急増する自殺願望のリスクに直面しています。今回は一人の女性、アレジャンドラ・スアレスさんがどんな風にヨガによって死の淵から救われ、ヨガを指導する側となったのかを紹介しましょう。

私は21歳、ベッドに横たわり、壁に掛けたコルクボードをじっと見つめています。大学生の女の子なら誰もが部屋に掛けているボードを。ボードに付いているのは授業のスケジュール表、ウェイトレスのバイトのシフト表、自分の写真、そして友達や家族の写真。写真をじっと見つめてみると、大抵は笑顔です。写真の中に自分は確かに存在するけれど、自分を本当の意味で認識することができません。ポーズを取るとき、目を閉じるとき、頑張るとき、笑顔ってどんな風だったかをうまく思い出すことができません。そして幸せってどんな風だったか全く思い出すことができません。

その日、自分と愛する人たちの写真を見つめ(その後も何度も何度も)、やがて自分がこの世からいなくなったら、どんな風だろうかと考え始めました。自殺することには自信がありませんでした。簡単に消えてしまえばいいのにと思いました。とにかく消えてしまいたかったのです。「the Hispanic Journal of Behavioral Sciences(ヒスパニックの行動科学に関するジャーナル)」の研究によると、思春期のラテン系女性はラテン系ではない人種に比べ、かなりの割合でうつや自殺願望を経験しています。

米国疾病予防予防センターは、米国在住の10〜24歳の思春期のラテン系女性の10.5%が過去1年間に自殺未遂を試みているのに対し、思春期の白人女性は7.3%であったことを明らかにしました。

その当時、私はメキシコシティから移り住んだばかりで新しいシステムに馴染むのに必死だったし、迷走していて、全くそんな事実は知りませんでした。学校に通うためにフルタイムの仕事をしていました。授業も精一杯受講しました。長い交際相手とは不健康な関係でした。友人ができてもすぐに、競争・不安・イジメといった有害な関係へと変化してしまいました。そして私はある時、食べることをやめました。

当時は、不安に打ちのめされて、私の人生で最も困難な時でした。私はまるで麻痺しているような感覚と巨大な悲しみを感じていました。その深い悲しみのようなものが私を無感覚にさせていたのでしょう。どん底の時代を経て、自分を地に足つけてくれる何かが必要だと感じ始めました。唯一思いついたのがヨガだったのです。

Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する