ダウンドッグでヨガに必要な腹筋を育てる練習法|「お腹を引き込む」を理解しよう

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

ダウンドッグでヨガに必要な腹筋を育てる練習法|「お腹を引き込む」を理解しよう

ポーズを正しく行ううえで「腹筋」は不可欠。そこで、ヨガに役立つ腹筋の育て方を、人気ヨガティーチャーの芥川舞子先生に教えていただきました。基本ポーズ「ダウンドッグ」を通して、お腹=ヨガ腹筋の使い方をマスターしましょう!

呼吸に合わせて動かすプレワーク

流れるようにポーズをつなぐ「ヴィンヤサ」でお腹を強化しよう

ポーズをキープせず、呼吸に合わせて動きながら練習。吸うときも吐くときもお腹は引き込んだ状態を保ち、バンダを強化します。

HOW TO

1.チャイルドポーズで準備。息を吐く。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

2.吸って四つん這いになり、背中を反らす。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

3.息を吐きながらあごを引き、お腹を引き込む。引き込む力でお尻を上げる。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

4.吸う息で四つん這いに戻り、背中を反らす。これを繰り返す。【4回】

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

ダウンドッグ:お腹を引き込む力でお尻を上げていく

吐く息でお尻をアップしていくとき、おへそを背骨に引きつける力を利用します。お腹を引き込むことでバンダが機能し、 背骨が長く伸びます。胸も開くので、呼吸も楽に。

HOW TO

1. 肩の下に手、腰の下に膝がくる位置で四つん這いに。つま先を立てて息を吸う。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

2. 吐く息で、おへそを背骨に引きつけるようにしてお尻を上げる。この意識を持つと自然とお腹が引き込まれ、アライメントも整う。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

お腹が正しく使えていないと背中が丸まる

お腹を引き込む意識がないと、体重が手にのってしまうため、背中が丸まる。肩もすくむため、呼吸が浅くなる。

ダウンドッグ
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

教えてくれたのは…芥川舞子先生
ヨガティーチャー、モデル。19歳でヨガと出会い、ヨガの指導者に。ヨガの指導・育成・イベントなどで活躍するほか、メディアにも多数出演。少人数メンバーシップ制で行う、HRIDAYA YOGA SCHOOLを主宰。

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Hair&make-up by Manami Yaginuma(P-cott)
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.63掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグ
ダウンドッグ
ダウンドッグ
ダウンドッグ
ダウンドッグ
ダウンドッグ
ダウンドッグ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する