集中力が持続!? 知っているようで知らない「グラウンディング」とは

Getty Images

集中力が持続!? 知っているようで知らない「グラウンディング」とは

須藤玲子
須藤玲子
2019-04-16

春は始まりの季節です。新たな出会い、仕事、学びなど、ワクワクすることがたくさん!よい刺激を受けて、やる気スイッチが入るのはとても素敵なことですが、一方で気持ちだけが先走り、身体がついていかない…そんなこともあるのではないでしょうか? 新しいことが始まる季節だからこそ、焦らずにもう一度足元を見直す必要があります。ふわふわする気持ちを落ち着かせ、まずは土台を固めましょう!

おそらく一度は耳にしたことがある「グラウンディング」という言葉。ヨガのレッスンの中でも時々使われるこの言葉が意味することはどんなことでしょうか?そして、普段の生活の中でも意識すべき「グラウンディング」とは?少しずつひも解いていきましょう。

グラウンディングの意味

グラウンディングの元になるのは英語の「ground」です。いくつかの意味を持つ単語ですが代表的なものは以下の通りです。

1.接地(地面と接する、地面に置く)
2.基礎(基礎工事、基礎教育、基礎知識)
3.(主張、議論などを)基づかせる

元々の意味を理解した上で現在一般的に使われている「グラウンディング」の意味を再確認してみましょう! 「グラウンディング」とはヨガだけにとどまらず、生き方や精神的なことに至るまで、様々な場面で以下のような意味を持って使われています。

1.土台を安定させる
2.地に足をつける
3.意識を根付かせる

本来の意味から発展して単なる地面や足元だけでなくマインドに関わることにも使われるようになりました。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する