オフィスでできる心を落ち着かせるプラクティス5選

BIGSTOCK

オフィスでできる心を落ち着かせるプラクティス5選

Megan DeRosa
Megan DeRosa
2018-12-07

これから紹介する、職場でのストレスに効くプラクティスをぜひ試してみて。このプラクティスのよい点は?周りに気づかれないところ!

ストレスを感じると、多くの人がヨガを求める。ヨガは、マットやスタジオがなければできないわけじゃない。私たちはいつでもどこでも、ヨガができる。もちろん、オフィスでも!

数年前、私には心配性のボスがいた。彼女は部下を細かく管理し、思い悩み、不安定だった。神経質なエネルギーの触手が私の中に入り込み、首と肩をしっかりと掴み、胸の上部に息を閉じ込め、腰に取り憑いてしまった。

当時、私は1時間のランチタイムのヨガクラスを生きがいにしていて、それは、心の動揺を捨て、まるで静かな澄んだ湖にそっと入るかのような、安らぎの時間だった。毎日そのクラスに出ると、いつの間にかリラックスして元気を取り戻していた。ボスがパニックを起こし、振り出しに戻るまでは......。ある日、なんと安らぎの場であるヨガクラスを自分でできることに気づいた。毎日、私を精神的に支えてくれるヨガクラスを続ける代わりに、仕事中に少しだけヨガを取り入れることにしたのだ。自分のストレスレベルが高まっていることに気づいたとき、時間をとってただ呼吸をしてみた。すると、ほとんど席を離れることなく、すぐに心を落ち着かせることができたのだ。

オフィスで行うプラクティス5選

私たちは皆、仕事によるストレスを受けている。そして、内なる安らぎの場を持っている。オフィスでは、ドアを閉め、マット広げ、バーラーサナ子供のポーズ)で体を丸めることは難しいかもしれないけど、こっそりヨガを体験できる方法がいくつかある。

仕事に押しつぶされそうなとき、心を落ち着かせてくれる、以下の5つのプラクティスを是非試してみて!

1. イスを使ったヴィンヤサ

ストレスを感じると、私たちは体の中にストレスを溜め込んでしまう。軽い運動を行うと、身体的な不快感から解放され、リラックスできる。緊張をほぐすために、猫と牛のポーズの改良バージョンを自分の席できちんと行ってみよう。

やり方:体重が座骨に乗るように、イスの先端まで移動する。できれば足の裏で地面を感じることができるように、靴を脱ぎ、手のひらを太ももの上に置く。息を吸うときは、イスの後部に向けて尾骨を倒し、後屈して脊椎を伸ばし、視線を上に向ける。息を吐くときは、イスの前方に向けて尾骨を丸め、前に脊椎を曲げ、視線を下に落とす。数回行えば、このロッキング運動で心が落ち着くはず。

Trasnslated by Tomoko Abe

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する