ホロスコープで読み解く「双子、乙女、射手、魚」座の本質とは?【ジョニー楓の星読みガイド♯6】

Nanayo Suzuki

ホロスコープで読み解く「双子、乙女、射手、魚」座の本質とは?【ジョニー楓の星読みガイド♯6】

射手座(火×柔軟宮/11月23日~12月21日)は?

J:次は火の柔軟宮である射手座です。前の段階の蠍座では、思いを注ぎ込み、思いを深めるという気持ちのあり方に軸がありました。自分が思いを傾けたものに対しては良くも悪くもすべてを見ようとしたり、本質を見出そうとしたり。それが射手座になると、知りたい、不確かさをなくしていきたいという思いの対象が、より幅広く、内容も大きくなってくる訳です。常に物事の原理的なところを見ている。だから自然と物事の全体像を見ようとする。細かいことを気にしなかったりするのもたぶんそのせいです。また、視野が広いので恋も生き方も様々な人や物事により多くの魅力を感じたりすると思います。

ただ、火の星座ですから、冷めてしまえばそれっきり。加えて柔軟宮ということもありますので、気持ちを維持するにはやっぱり、自分の中の熱が冷めないような動機が常に必要です。ただ、自分がこれだと思った時の行動力は他の星座以上だと思いますから、これまでの限界やスタイルを塗り替える、あるいは新しいやり方を見出す、なんて事も少なくない気がします。いつも自分の中の何かを上昇させようとしている。積み重ねるよりも、体験してみたいと思う気持ちがその都度新しい自分自身のスタートって訳です。ただ、それだけ興味や関心が散漫になることもあるでしょうし、現実的、具体的なことを考えるのは苦手なのかもしれませんね。

――探究心がある星座なんですね。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

星読みガイド
星読みガイド
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する