4エレメントと3区分から読み解く、12星座の相性とは?【ジョニー楓の星読みガイド♯12】

Nanayo Suzuki

4エレメントと3区分から読み解く、12星座の相性とは?【ジョニー楓の星読みガイド♯12】

雑誌やwebで12星座の占いは欠かさずチェックする!という占い好きな方、自分で占星術が読めるようになったら、面白いと思いませんか? 占いというとスピリチュアルなイメージがありますが、実は毎日を心地よく自分らしく過ごすためのヒントがいっぱいなんです。日常に役立つ西洋占星術の知識を、雑誌やコスメキッチン代官山での定期鑑定などで大人気のジョニー楓さんにインタビュー形式で教えていただきます。

―――このコーナーでは、雑誌やwebで大人気の占星術師ジョニー楓さんに、日常に役立つ西洋占星術の知識を教えていただきます。これまでの回で、4エレメント3区分からみる12星座の本質を学んできました。新しい出会いが増える春に向けて、人間関係で悩む人も増えると思うのですが、これまで学んできた占星術の知識を活用して、職場の人たちや恋人(または好きな人、結婚相手)との相性を知ることってできるのでしょうか?

ジョニー楓
ジョニー楓さん/Illustration by Nanayo Suzuki

ジョニー楓さん(以下、J):できると思いますよ。って言うか、ぜひ活用していただけたらと思います。ただ、はじめにも説明した通り、違うエネルギーを持つ10個の惑星が一人ひとりの中でそれぞれ異なる動きをしているので、一概に太陽星座だけで判断するのはとても危険な気がします。例えば、自分の中の未来像(太陽)が水のエレメントで、好みの男性の理想像(火星)が火のエレメントだとしたら、普通の家庭を築きたいのに、普通の家庭に向かないような男性を好きになってしまうということになります。なのでできれば、相性よりも自分自身の癖や好みをよく理解し、その上で相性を読むことが本当はおすすめです。この10個の惑星については、また説明したいと思っています。

―――では今回は、これまで学んできた12星座の知識のなかで見る相性について掘り下げてみたいと思います。復習もかねて、モダリティの輪のイラストを見ながら、自分と相手の星座を見てエレメントと区分を確認してみてくださいね。まずは、4エレメント(火、風、水、地)に注目した場合、例えば、火と火、風と風など同じエレメント同士の場合、お互いにどのような影響がありますか? 同じエレメント同士は、相性がよいのでしょうか、悪いのでしょうか?

モダリティの輪
モダリティの輪/Illustration by Nanayo Suzuki

ジョニー楓さん(以下、J):エレメントが同じな場合は、スムーズに共鳴、共感、あるいは同化しやすいと思います。

――フィーリングが合うなどお互い共鳴しやすいのですね。逆に、同じエレメント同士で注意するべきことはありますか?

J:その部分だけがより強く活性化してしまうので、それだけになってしまいがち。例えば、火のエレメン同士だったら、楽しいことを優先にし過ぎて、一向にお金が貯まらないとか。みたいな危険性があるような気がします。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ジョニー楓
モダリティの輪
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する