世界的なヨガ写真家、ワリ・オム氏が「ヨガ写真」を取り続ける理由とは?

Wari Om

世界的なヨガ写真家、ワリ・オム氏が「ヨガ写真」を取り続ける理由とは?

日本語・韓国語・英語・スペイン語が堪能、世界中を飛び回り、旅をしながらヨガを指導する、福岡「YOGABREEZE」のディレクターであり、NY発の「ジヴァムクティヨガ」のアドバンス指導者ヒッキーことパク ヒキさんの連載がスタート。今回は、自身との親交も深い、世界的ヨガフォトグラファーのワリ・オム氏にインタビュー。見る人の胸を打つ写真と共に、彼のヨガと写真への熱い想いをお届けします。

写真を通して、ヨガを伝え、世界とつながることができる

世界中でヨガの人気が高まるなか、ヨガ専門のフォトグラファーも増えつつあります。ヨガ界でもSNSの普及で、ヨガ初心者から講師達まで、素敵なプロフィール写真やアーサナをしている姿を撮ることが一般的になってきましたね。

伝統的なヨガは、たくさんの気づきを得られ、人生を豊かにし心を平和に導くものですが、難解なイメージから敬遠されがちな一面もあります。写真はとてもわかりやすく、言葉も必要なく、「ヨガをするとこういう風になれるんだ」とイメージを喚起し、ヨガの魅力を伝えることができます。ヨガに興味がある方もそうでない方も、美しい写真を見ると感動します。そういった意味で、ヨガの魅力を多くの人に伝えている写真家たちの貢献度は高いのではないでしょうか。

今回のコラムでは、世界的ヨガフォトグラファー&ビデオグラファーのワリ・オム氏(Wari Om Yoga Photography) がファインダー越しに見つけたヨガへの愛と光についてお話しします。

Wari Om
Photo by Wari Om

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Wari Om
タイムズスクエア前でウォーリア
ワリ
ワリ
ワリ
ワリ
ワリ
ワリ
ワリ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する