ジヴァムクティヨガ

難易度
カロリー消費
リラックス度
整体度
スピリチュアル度

伝統的なヨガの教えに基づき、現代生活での自己の解放をめざす

ジヴァムクティヨガ(Jivamukti Yoga)の名前はサンスクリット語の ‘Jiva=個々の魂、Mukti=開放’、’Jivanmukta=全ての魂は一つであるワンネスを自覚した魂’ から由来し、「生きとし生けるもの全に思いやりを持つことで悟りを目指すヨガ」をそのゴールとし、ニューヨークを拠点に活動されていたアーティスト、ダンサー、アニマルアクティビストであったDavid Life氏とSharon Gannon氏により1984年に設立された。

ヨガYogaの意味は ‘繋がる’、又は ‘存在は全て一つに繋がっている ‘ワンネス(Oneness)を自覚する’ことで、ヨガの修練はそれに気づかない無知(Avidya)を打ち勝つためにあるものである。 ジヴァムクティヨガの特徴は、アーサナの実践で体の健康をもたらすことだけでなく、5つの教義も伝える事で古代ヨーガの叡智のエッセンスとヨガ本来の意味を忙しい現代人に伝え無知(Avidya)に打ち勝ち共に健康で幸せに生きる知恵を身につけることである。

ジヴァムクティヨガで重要視する5つの教義は: 1.非暴力 Ahimsa 2.献身 Bhakti 3.瞑想 Meditation 4.ナダ Nada 5. ヨガ哲学の探求 Shastra 非暴力においてはヴィーガニズム(Veganism完全菜食主義)が生きとし生けるものが全てが平和に共存し続けるための重要なヨガの実践とし、創始者であるシャロン・ギャノン氏はヨガとヴィーガニズムに関係に関する著書も多数執筆している。

ジヴァムクティヨガのアーサナのスタイルはVinyasa Krama(ヴィンヤサ・クラマ)である。 vinyasa(ヴィンヤサ)は、「特別な方法で並べる」、krama(クラマ)は「一連に繋がった」シークエンス、やる、行うという意味があり、これはヨガマットの上で呼吸と動きを連動したりアーサナとアーサナを意識的に繋げて行くという意味以外にも、修練者の人生に置き換えることができ、修練者それぞれが「ヨーガ(ワンネス)」という最高のゴールに向かって特別な方法で連続生を持ちながら一歩一歩を丁寧に積み重ねて生きるという意味を持つ。

ジヴァムクティヨガの代表的なシークエンスにはダイナミックなジヴァムクティヨガスタイルの太陽礼拝(Jivamukti Style Sun Salutaiton)、開花する蓮の花(Blossoming Lotus)、ヒッピーのツイスト(Hippy Twist) 、女神イーシスの坐法(Seat of Isis)などダンサーでアーティストだった創始者の影響を受けた美しいシークエンスが多くある。更にハンズオンアジャストも積極的に行うことで初心者はより安全に、熟練者にはより深いアーサナの体験を可能にする。 レッスン全体の流れは7つのチャクラを調和に導くアーサナを取り入れ心身のエネルギーを調和に導くジヴァムクティヨガはヨガ史上初めてアーサナの修練にダンスのコレオグラフィー的要素や音楽のビートを生かした流派としても有名であり、アメリカのVanity Fair紙は「ヨガの修練を最もクールでヒップにしたヨガ」と表現している。

実践者にはヨガの初心者から長年修練を重ねてきた上級者、子供から高齢者、身体に障害を持つ方からSting(スティング)やBeasty Boys(ビースティーボーイズ)、音楽プロデューサRussel Simonns(ラッセル・シモンズ)、デザイナーのDonna Karen(ダナ・キャラン)にスーパーモデルのChristie Turlington(クリスティー・ターリントン)などセレブリティーまで年齢や性別、職業を問わず様々な意識の高いヨギー達がアアーサナ以上のヨガを求めて共に平和に生きる生き方を学ぶために世界中でジヴァムクティヨガを実践している。 ジヴァムクティヨガは世界中に公認指導者より学ぶことができ、公式指導者になるためには300時間ティーチャートレーニングを受講、そしてアドバンス指導者になるには800時間のティーチャトレーニング後にテストを受け合格するとアドバンス指導者になることができる。 ジヴァムクティヨガ公式ウェブサイト:https://jivamuktiyoga.com

ジヴァムクティヨガを教えてくれるスタジオを検索

関連記事