アート×瞑想「石積み」の魅力は|ロックバランシング体験レポート

溜 大志

アート×瞑想「石積み」の魅力は|ロックバランシング体験レポート

日本語・韓国語・英語・スペイン語が堪能、世界中を飛び回り、旅をしながらヨガを指導する、福岡「YOGABREEZE」のディレクターであり、NY発の「ジヴァムクティヨガ」のアドバンス指導者ヒッキーことパク ヒキさんの連載。今回は、石積み瞑想とも言われるロックバランシングの世界をご紹介します。

ロックバランシングから見る「マインドフルネス」の世界

「ロックバランシング Rock Balancing」というアートをご存知ですか?

これは絶妙なバランスを取りながら自然界のいろんな形の石を積み上げる、世界中で親しまれているアートです。日本では「石花」という名称で近年人気が高まっているそうです。

出来上がった美しいロックバランス作品を鑑賞するのも楽しいですが、おすすめは自分で積み上げてみること。

何一つ同じ形をしたものはない自然界の石の中から積み上げる石を選び、“こんな大きな石があんなに小さな石の上に立つのか?”と思いを巡らせながら積み上げていく過程は、まさにマインドフルネス。

今回はそのロックバランシングの世界を自分の体験からお伝えします。

溜
ロックバランシング

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

溜大志さん
最初のロックバランス
次の作品
溜1
溜3
溜4
溜5
どんぐり
溜
tamari
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する