ヨガから学ぶもっと楽な生き方|グレーゾーンを楽しもう

Getty Images

ヨガから学ぶもっと楽な生き方|グレーゾーンを楽しもう

須藤玲子
須藤玲子
2018-10-31

優劣や、白黒つけずにそのまま受け止めることは自分に限ったことではありません。家族や恋人など、あなたの周りの人に対しても同様です。「絶対に…」「永遠に…」など100パーセントでも0パーセントでもないのが現実というもの。まずは物事を客観的に受け止めましょう。結論や白黒つけることを急ぐのはオススメしません。曖昧なほうが居心地よく、お互いにバランスが保ちやすいこともあるのです。身内や恋人など距離が近い人こそ、いい意味でのゆとり、グレーゾーンのおかげで関係性がよくなることもあります。「○○って言ったじゃない!」その一言を飲み込んで「そんなこともあるよね!まあいいか~!」の余裕を持ちましょう。いい感じの曖昧さや心にスペースを作ることは、お互いを尊重し関係性を大切にするということにつながります。自分の感情を押さえつけ、我慢するということではありません。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する