生理痛・生理不順の原因は悪い姿勢が原因?骨盤のゆがみを整える簡単メソッド

Getty Images

生理痛・生理不順の原因は悪い姿勢が原因?骨盤のゆがみを整える簡単メソッド

姿勢が悪いと骨盤がゆがみ、内部の血流が滞って婦人科系不調を招きやすくなります。骨盤中央にある仙骨をバランスよく動かし、効率よくゆがみを整えて。

悪い姿勢グセによる婦人科系不調は「仙骨調整ポーズ」で解決!

基本のベースポーズで仙腸関節を動かし骨盤内部の血流UP!脚を左右にねじり、骨盤の中央にある仙骨と、その左右に位置する腸骨をつなぐ仙腸関節を動かすポーズ。骨盤内部の血流を促す効果が高く、温めて婦人科系の機能をサポートします。

HOW TO

1.仰向けで両手を体の横におき、手のひらを下に。両脚を真っすぐ上げ、足裏にボルスターや重みのある枕をのせる。仙骨を床につけたまま、膝を5回曲げ伸ばす。

あ
Photo by Toru Tokunaga

2.膝を伸ばし、仙骨を床につけたまま、両脚を腰から左右に3往復ツイスト。左右の振り幅をできるだけ同じにすると、ゆがみを調整しやすい。

あ
Photo by Toru Tokunaga

教えてくれたのは...西浦莉紗先生

アクロヨガジャパン代表。アクロヨガ正式指導者。「アクロヨガをブームではなく流派に」という思いでヨガクラスやヨガイベントを担当。海外でも精力的に活動している。

Photos by Toru Tokunaga
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.57掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する