ヨガマットは不潔?なぜ「オーム」って唱えるの?ヨガビギナーが違和感を抱きやすい3つの「気になる」

Getty Images

ヨガマットは不潔?なぜ「オーム」って唱えるの?ヨガビギナーが違和感を抱きやすい3つの「気になる」

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-06-14

初めてヨガレッスンに行くのも不安だけど、何回かいろいろなレッスンに通うと、慣れてくるどころか、逆にハテナマークが増えることがあります。そんなヨガ初心者の疑問に、ヨガインストラクターの資格をもち、ヨガインストラクター育成指導にも携わる筆者が答えます!

1.インストラクターによって言うことが違うのはなぜ?

複数のインストラクターのレッスンをうけると、「あれ?この前と違う…」ということがたびたび起こります。「腕を上げる」という動作ひとつとっても、横から上げる?前から上げる?手のひらの向きは上?下?と疑問符だらけに。バリエーションもたくさんあるし、インストラクターによってガイドも違います。その理由は流派による違いだったり、インストラクターの好みだったりもするし、その日のレッスンで伸ばしたい筋肉や動かしたい関節、という目的によっても違います。正しさを求めすぎずに、バリエーションの違いによる身体の感じ方の違いに意識をフォーカスして、レッスンを楽しんでみてくださいね。

2.あれは呪文なのか?マントラがあったりなかったり…

レッスンの始まりや終わりに、呪文のような言葉を唱えるレッスンもあります。「マントラ」と呼ばれるもので、主にヨガの流派によって種類が異なります。また、ヨガスタジオによってはマントラを唱えないと決めていたり、ベーシックなハタヨガや初心者向けのレッスンではマントラがないことが多いですね。「オーム」とだけ唱えるレッスンが多いですが、その回数も1回だったり3回だったりで、違いがありますが、ヨガでは絶対にこう!という明確なルールがあるわけではなく、インストラクターの好みによることもあります。

3.汗だくになったヨガマットって清潔なの?

ヨガスタジオのレンタルヨガマットは、生徒さんが使った後に「拭いて、丸めて、しまう」とされていることが多いですね。確かにそれだけで清潔が保たれているとは考えづらいもの。でも安心してください!スタジオによってやり方は違いますが、スタッフさんが定期的に消毒したり乾かしたりと、メンテナンスをしてくれていることがほとんどです。もし、清潔感が気になるようなら、マイヨガマットを持ち込んだり、ヨガラグと呼ばれるヨガ専用の滑り止め付きタオルをマットの上に敷いて使うことも、オススメです。

不安に思ったら、遠慮なく質問を!

レッスンには沢山の生徒さんがいらっしゃるので、インストラクターも全員と平等にコミュニケーションを取るのは大変。(でも本当は、みんなとゆっくり話をしたい!と思っています!) どんなに小さなことでも、不安や疑問を感じたら、遠慮なく質問してくださいね。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する