【新型コロナの炎症をヨガで緩和できる?】医師が開発した「新型コロナウィルス患者のための呼吸法」

www.yogajournal.com

【新型コロナの炎症をヨガで緩和できる?】医師が開発した「新型コロナウィルス患者のための呼吸法」

イングリッド・ヤン医師は、パンデミックの最前線にヨガセラピープラーナヤマをもたらした。

病室には窓が一つだけある。開けることはできないものの、作り付けのベンチから天井までほぼ壁一面に広がっていて、殺風景な空間に光が注がれる。外の中庭では、大きな音符記号の彫刻がささやかな噴水の中央に置かれている。サンディエゴ特有の季節外れの暖かい4月の朝、空気は踊る水滴を捉えて地面へと流れていく。一方、屋内では、別の種類のオーケストラ・パフォーマンスが繰り広げられていた。

シャープ・メモリアル病院(カリフォルニア州サンディエゴ)の新型コロナウィルス病棟では、機械的な音が弦楽器の代わりとなり、ポンプ式の医療機器が木管楽器の代わりとなり、パチパチと不規則に吸い込む鋭い息が低音のリズムを刻んでいる。この最後の楽器は、2週間前に新型コロナウィルスと診断された60代の男性ヴァーノンのものである。彼の鼻孔のチューブは、顎の下でV字型に合流し、脇に置かれた酸素タンクに流れている。目を閉じ、マスクをしていない顔はリラックスしていて、病院用の靴下を履いた足は地面にまっすぐに置かれ、窓の前に座り、彼の後ろには音符記号のオブジェがある噴水が見える。

ヴァーノンと膝を突き合わせているのは、病院勤務のイングリッド・ヤン医師である。彼女の手はヴァーノンとの間の空間を優雅に切り取り、ヨガセラピーのシンフォニーを指揮するようなジェスチャーをしている。「3、2、1とカウントしながら鼻から息を吸います。次に3、2、1と数える間、息をホールドします。唇をすぼめて息を吐き、横隔膜の収縮を利用してみてください、いいですね」とヴァーノンと一緒に胸とお腹を膨らませながら、両手をゆっくりと上に引き上げ、彼女は言う。

鐘のように澄んだ声と話し方、リズミカルな動きなど、ヤンの存在自体に音楽性が感じられる。レイキヒーラーとしての訓練を受けた彼女は、エネルギーを変化させることに長けており、知ってか知らずか、常に目に見える形でエネルギーを作っているのだ。彼女は話しながら絶えず身振り手振りをして、ヴァーノンに彼女が考案したプラーナヤマに基づくプロトコルを教えている。しかし、感染者から息を奪うウイルスに対処するためには、これまで隔離することが一般的だったが、一緒に呼吸することで、ヤンと患者の人生を変えるようなつながりが生まれている。

キャプション画像
患者の一人であるウィリアムに、ヨガに基づく呼吸法を指導するヤン。Photo: Wis Holt

すべてがひとつになった瞬間

1970年代に台湾から移住してきたヤンの両親(弁護士のクリスティーンさんと医師のジェームズさん)は、カリフォルニア州のニューポートビーチに定住した。ヤンは、移民として生きていくためには、優先順位を調整しなければならず、感情を成功に置き換えなければならなかったと言う。「生き残るということは、仕事が安定していて、肩書きがあって、自分が疎外されないために必要不可欠な存在であるということです」とヤンは述べる。

ヤンの家では感情は許容されず、育まれることもなかったため、彼女は自分の感情を封印した。彼女は、アジア系アメリカ人の少女として周囲から期待される役割を演じることを学んだ。しかし、その結果、内面的な断絶が生じたのだ。ヤンは、知的探究心は旺盛で成績の良い若い女性としての自分の価値を理解していたものの、感情的にはそれ以上のものを体現するのに苦労した。

18歳のとき、彼女はニューヨークシティにあるコロンビア大学バーナード校の1年生になり、心配性のA型人間であった。友人の勧めでいくつかのヨガクラスを試してみたが、なかなか実践に結びつかず苦労した。

そして、それはある日突然起きた:ある日のクラスで、ヤンはトリコナーサナ(三角のポーズ)に移行した。視線を天井に向けるように頭を回転させ、ポーズに合わせて呼吸をすると、慣れない軽さを感じたのだ。どこにも行かなくても、何かを成し遂げなくても、ただ息をしていればいいのだという感覚が全身に広がったのである。

E-RYT500とC-IAYTの資格を持ち、昨年、『Adaptive Yoga(アダプティブ・ヨガ)』という本を共著で出版したヤンは、「それは心の広がりでした」と語る。「実際に心臓の物理的なスペースを確保し、心臓を拡張しながら呼吸をして、その思考、物理的なスペース、呼吸を結びつけたのです。すべてが急にひとつになったのです」。

ヨガとの新たな関係を模索していた頃、ヤンはコロンビア大学の研究室で働く叔母のシウ–メイとの絆を深めていた。シウ–メイは姪のヤンにランチを届けてくれたり、宿題を手伝ってくれたりした。都会から離れたいときは、シウ–メイのニュージャージーの家に行って、週末に料理を作って食べたり、話をしたりした。ヤンの両親は仕事ばかりで遊びに出かけなかった一方、シウ–メイの暮らしは社会的な外出や旅行が多く、喜びと自立に満ちていた。シウ–メイは、ヤンがこれまで経験したことのない、柔らかで温かな愛を与えてくれた。

By HANNAH LOTT-SCHWARTZ
Translated by Hanae Yamaguchi

AUTHOR

ヨガジャーナルアメリカ版

ヨガジャーナルアメリカ版

全米で発行部数35万部を超える世界No.1のヨガ&ライフスタイル誌。「ヨガの歴史と伝統に敬意を払い、最新の科学的知識に基づいた上質な記事を提供する」という理念のもと、1975年にサンフランシスコで創刊。以来一貫してヨガによる心身の健康と幸せな生き方を提案し続けている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

キャプション画像
画像
画像
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する