夏に向けて必読!1日5分「浮き輪肉と背中肉」を同時に落とす一石二鳥トレーニング【ヨガ動画】

AdobeStock

夏に向けて必読!1日5分「浮き輪肉と背中肉」を同時に落とす一石二鳥トレーニング【ヨガ動画】

ボトムスの上からポヨンとはみ出る浮き輪肉。わっ!と思って背中を見ると背中にもぜい肉が・・・突如現れる余分なお肉は、生活習慣や加齢が原因かもしれません。1日5分のお腹と背中を鍛えるヨガトレーニングで引き締めましょう!

浮き輪肉、背中肉はどこから来る?

お腹まわりに浮き輪のようにたるみができたり背中に締まりがなくなったり。油断した時だけでなく、そこそこ意識した生活をしていても現れ落ちにくいのがお腹や背中のお肉。その原因はいくつか考えられます。

・長時間の不良姿勢

・冷え、血行不良

・加齢

・食事と運動のバランス

・筋力不足

筋力が低下すると脂肪がつきやすくなりたるみの原因となります。いわゆる運動だけでなく、ゴロゴロ過ごす時間が長いなど日常生活における活動量不足や、猫背や座りっぱなしからの血行不良による代謝の低下。それらから、脂肪燃焼しにくい体となりぜい肉として現れている可能性があります。

すっきりお腹・背中に向けたエクササイズ

浮き輪肉・背中肉を撃退するために、腹筋群と背筋群を同時に鍛えましょう。しなやかな筋肉をつけることで、ぜい肉対策以外にも、安定した体調の維持や肩こり・腰痛の予防にもなります。1日5分で出来るので、ぜひ習慣にしてくださいね!

やり方とポイント

①四つん這いになります。息を吸いながらお尻を上げ、胸を広げます。息を吐きながら背中を丸めます。猫のポーズを5回ほど行います。

②膝立ちになります。両腕を上げそのままお腹に力を入れて、まっすぐの背中を作ります。腰が反れないように注意をし、余裕があれば腕だけ少し後ろに引きます。

③四つん這いから肩の下に肘をつき足を後ろに伸ばして、肘つきプランクになります。つま先立ちで膝を浮かせたまま、お腹とお尻に力を入れキープします。頭や腰が下がらないように注意します。

④うつ伏せ姿勢で足を腰幅かそれ以上に広げます。両手を後ろに伸ばし、上半身を少し浮かせます。下腹部に力を入れて支えます。ポーズを取った後はチャイルドポーズで体を休めます。

1つのポーズは30秒を目安に行います。適度な運動はリフレッシュにもなるので、気分転換にも取り入れてみてください!

AUTHOR

小野田貴代

小野田貴代

ヨガインストラクター・ベビーマッサージセラピスト。学生時代にヨガに出会い、ヨガインストラクター養成講師を経て現在はオンラインを中心に活動。誰もが取り組みやすい、日常に活かすヨガを幅広く伝えている。CM等のメディア監修や健康コラム執筆、 FMラジオパーソナリティとしても活動。初心者から自分のペースで楽しめる「たかヨガ」もYouTubeで配信中。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する