【お尻が四角く見える原因】お尻上部のお肉を引き締める簡単桃尻エクササイズ

Adobe Stock

【お尻が四角く見える原因】お尻上部のお肉を引き締める簡単桃尻エクササイズ

伊藤香奈
伊藤香奈
2021-03-30

普段気づかない自分の後姿にショックを受けた経験はありませんか?毎日鏡を見ているという方でも、バックショットをチェックしているという方は少ないはず。でも、夏に向けて後姿美人を作っていきたい、そんな方にオススメの1分エクササイズをご紹介します。

お尻が四角くなる原因

あなたは後姿のお尻の形に自信がありますか?

お尻のお悩みは、垂れている・平たい・横に広がって幅が広い・セルライトでボコボコ・お尻全体が四角いなど、様々な形のお悩みがありますよね。その中でも今日は、四角いお尻について学んでいきましょう!

後姿でお尻全体が四角いフォルムに見えてしまう大きな原因は、腰回りのお肉。特に、加齢により腰回りに脂肪がつきやすくなると太ももの体側からウェストまでが寸胴になりやすく、結果的にお尻も四角く見えてしまうのです。四角いお尻をキュッと締まった形にしていくには、よくあるヒップアップの運動だけでは足りません。よく見かけるヒップアップのエクササイズは、腰回りの引き締めよりも主に垂れたお尻を持ち上げる効果を謳っているものが多い印象です。ウエストにかけてのキュッと引き締まった形を作っていくには、お尻の上部(腰回り)、そして腰に手を当てたときに手のひらで触れる範囲=腰の後ろと側面の間あたりにターゲットを絞ってエクササイズを行うことが大切です。

腰回りをキュッと引き締めるエクササイズ

腰回りを桃のように丸い形に近づけていくために、お尻の上部を引き締めるエクササイズを行っていきましょう。1回のエクササイズで20~30回行えるのが理想ですが、膝や腰にも負担がかかる可能性があるので無理のない範囲から始めてみてください。

1.つま先と膝を斜め45度にひらき軽く膝を曲げる

2.胸を持ち上げて正面を見て、お尻は後ろに突き出す

3.体の中心をブラさないように、膝を交互に伸ばす

POINT:

・効いている範囲を意識しながら行いましょう

・お尻を後ろに突き出つつ、腰を丸めずに正面を見続けましょう。鏡を見ながら行うのも良いでしょう

・膝が内向きにならないように気を付けましょう

・呼吸を止めずに行いましょう

YouTubeはこちら

Instagram:@itokanayoga45

YouTube:股関節ヨガチャンネル

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

AUTHOR

伊藤香奈

伊藤香奈

股関節ヨガインストラクター。会社員歴20年の長年の座り仕事&長時間通勤で、股関節と腰の痛みに悩まされる。解剖学とヨガ・ストレッチ・筋膜リリース・骨格調整などを学び自らの痛みを克服した経験をもとに、オリジナルメソッド「股関節ヨガ」を考案。「立つ・歩く・家事をする・仕事をする」といった日常の動きが楽になるほか、股関節が整うことで、美脚・美尻・むくみ解消・ボディメイクの効果や便秘解消といった女性に嬉しい効果もあると人気が広まっている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する