【お尻が変わる3分エクサ】プリっとしたお尻に!お尻の筋肉を鍛える仰向けトレーニング

Adobe Stock

【お尻が変わる3分エクサ】プリっとしたお尻に!お尻の筋肉を鍛える仰向けトレーニング

ここ数年、お尻を引きあげる・鍛えることへの関心が増えていますよね。実はお尻って加齢によるたるみが目立ちやすい部位だと言われています。また自分からは見えにくいものの、常に周りの人に見られている部分でもあります。これから徐々に気温も上がり、アウターで隠せなくなるお尻周り。今こそ引きあがったお尻にしていきましょう!

お尻の筋肉とは

大臀筋
お尻の筋肉の構造 Illustration by Adobe Stock

大きく分けて3つでできています。大臀筋・中臀筋・小臀筋です。それぞれ筋肉の大きさによって名称がつけられています。大臀筋は歩く、走るといった日常の動作を行うために必要な筋肉。中臀筋は足を横に踏み出す際に使い、骨盤を安定させるという重要な役も担っています。その中臀筋をサポートしているのが小臀筋になります。

お尻の筋肉を鍛えるメリット

顔や髪はケアすることで年齢より若く見せられますが、後ろ姿って意外と気にしていなかったりしますよね。お尻を少し鍛えるだけで、普段自分からは見えない部分も自信が持てるはずです。またヨガを行う際にあぐらの姿勢になることが多いですが、膝が上がってあぐらが辛いなんてことはないでしょうか?実はそれ、お尻の筋肉が凝り固まっているせいかもしれません。お尻をほぐしてあげることであぐらの姿勢も取りやすくなり、ヨガを行いやすくなるメリットもありますよ。

大臀筋を鍛えるエクササイズ

今回はお尻の中でも1番大きい大臀筋にアプローチしていきます。

やり方

1.仰向けに寝て、脚は腰幅程度に開き、膝を立てつま先立ちになります。両手の平は体の横に添えておきましょう。足も手もマットにしっかり根付かせておきます。

2

2.息を吸いながら、つま先と手の平で床を押しながらお尻を上に持ち上げます。お尻を上まで持ち上げたら片足を天井方向に伸ばします。その体勢のまま、吐く息とともにお尻をマットすれすれのところまで下ろしていきましょう。辛い場合はマットに下ろしても構いません。

3

3.ご自身の呼吸に合わせてお尻を上げ下げします。お尻を触ってみて力が入っていれば大丈夫です。反対側も同様に行います。

引きあがったお尻とともに気分も上げていきましょう!

お尻が上がるとデニムなどのボトムスも今よりかっこよく履きこなせるはずです。今日から始めてみませんか?

ライター/古賀奈津美

商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消の為に始めたヨガにハマり、ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。最初は週末のみインストラクターをしていたが、もっとスキルを上げたいと思い思い切ってフリーランスのヨガインストラクターへと転職。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在は子育て中につきレッスンはお休み中、自宅にてヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

2
3
大臀筋
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する