【内もものたるみ】内転筋、使えている?チェックする方法と引き締めヨガ

Adobe Stock

【内もものたるみ】内転筋、使えている?チェックする方法と引き締めヨガ

気になっている人が多い「内もものたるみ」。引き締めるためにももの筋肉を使おうと思っても、どういう時に使われているのか、自分はきちんと使えているのかよくわからないことはありませんか?おなじみのヨガのポーズでチェックをしてみましょう。

内もも(内転筋)使っている?

内もも(内転筋)は太ももの内側に存在する複数の筋肉の集合体です。恥骨・座骨と大腿骨(太ももの骨)・脛骨(すねの内側の骨)の上部を繋ぎ、脚を内側に閉じたり、交差する時に使われる筋肉です。

adductor_muscle
Illust by イラストAC

この筋肉が衰えると内もものたるみにつながりますが、そもそも「どういう時に内ももを使っていることになるのか」がピンとこないことがあるかもしれません。お馴染みのヨガのポーズでチェックしてみましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

adductor_muscle
chairwithblock
vira2
Vira2
cobra
cobra
garuda
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する