パーンと張った前ももに効く!太ももまわりのストレッチ3選

Adobe Stock

パーンと張った前ももに効く!太ももまわりのストレッチ3選

伊藤香奈
伊藤香奈
2020-05-21

太ももの付け根より太ももの筋肉が前にせり出していませんか?前もものストレッチを日課にして改善していきましょう!

前ももがせり出している!?張った状態とは

太ももの前側が、付け根の部分より前に出ている状態、通称「前ももパーン」になっていませんか?なぜ前ももがせり出してしまうかというと、太ももの前側の筋肉を使いすぎてしまっているため。常に筋肉が張っている状態である可能性があります。前もものストレッチを念入りに行って、少しずつ改善していきましょう。

あなたは"前ももパーン"女子?チェックしてみよう

1)全身が見える(または下半身だけでもOK)鏡を用意します

2)鏡に対して横向きに立って写真を撮ってみましょう

3)足の付け根部分より太ももが前に反りだしているあなたは、前ももパーン女子です!

前ももストレッチ
意識しすぎずに自然に立った状態でチェックしてみましょう

パツパツの前ももに効かせるストレッチ3選

前ももパーンは、筋肉が常に張ってしまっている状態。まずはストレッチで筋肉をほくしていきましょう。

ストレッチ1

1.膝立ちになったら、片足を1歩前に踏み出し、膝が90度になるようにセットします。

前腿ストレッチ
姿勢はまっすぐ保ちましょう

2.尾てい骨(お尻の下の方についている骨)を前にたくし込み、恥骨を上に引き上げるようなイメージで、後ろ足の付け根をストレッチします

前ももストレッチ
後ろ足の付け根にストレッチを感じましょう

ストレッチ2

1.ストレッチ1の状態から後ろ足を一歩後ろに下げます

2.前足に踏み込んで、後ろ足の付け根を伸ばします

前ももストレッチ
膝が痛い場合は、膝の下にクッションを置いて行いましょう

ストレッチ3

1.ストレッチ2の状態から後ろ足を曲げてきます

2.足首や足の甲を押さえて、お尻に近づけましょう

前ももストレッチ
無理のない範囲で行いましょう

 

ライター/伊藤香奈
ヨガビジネスアドバイザー、ヨガインストラクター、ヨガライター、会社員。ハワイでヨガインストラクターの資格を取得後、ヨガマットブランドにて新規ヨガイベントの立ち上げや新人講師発掘オーディションのプロデュース責任者等を歴任。800人以上のインストラクターと出会い、現在ヨガ雑誌やイベントの第一線で活躍するインストラクターを数多く育成・輩出する。2017年にヨガインストラクターのビジネスサポートを行う「ヨガビジネスアドバイザー」として独立。ビジネス講座やマンツーマンのコンサルティングを通して、ヨガインストラクターの活躍を裏から支えている。Instagram:@itokana45

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

前腿ストレッチ
前ももストレッチ
前ももストレッチ
前ももストレッチ
前ももストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する