【四十肩や五十肩】「腕が上がらない」「背中に手が回せない」痛みや違和感を緩和する簡単ヨガ

Adobe Stock

【四十肩や五十肩】「腕が上がらない」「背中に手が回せない」痛みや違和感を緩和する簡単ヨガ

君嶋瑠里
君嶋瑠里
2021-02-08

四十肩や五十肩で激しい痛みに襲われたり、あるいはもう長い月日それを患っていて肩が自由に動かせず、毎日辛くてたまらないと感じてはいませんか?今回は、四十肩や五十肩による痛みを緩和し、日常をストレスなく過ごすためのおうちでできる簡単ヨガポーズについて紹介します。

四十肩や五十肩ってそもそもなに?

肩に現れる痛みのことをいい、主に40代や50代の人に症状が起こりやすいためそう呼ばれています。原因ははっきりとしていませんが加齢によるものともされており、肩関節にある滑液包や腱板が硬くなったり癒着したりすることで炎症が起こり、痛みを発症させてしまいます。腕を上げられなかったり、背中に手を回せなくなってしまいます。

急性期と慢性期での対処法の違い

急性期
発症したばかりのころは炎症がひどく、鋭い痛みを感じやすいです。この頃は運動などはなるべく避け、炎症が治まるまで安静にしていましょう。

慢性期
ひどい炎症は治まったものの、まだまだ痛みが続いている状態のことをいいます。人によっては2〜3ヶ月で痛みが引く場合もあれば、一年程続いてしまう場合も。この頃には無理のない範囲で体を動かして硬くなってしまった肩関節や肩甲骨の血流を良くしておきましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

針の糸通し
ワニのポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する