膝痛を和らげる!腿の筋肉を鍛える方法|硬くてもできる50歳からのヨガ

Kenji Yamada

膝痛を和らげる!腿の筋肉を鍛える方法|硬くてもできる50歳からのヨガ

ヨガを始める方に40~50代の方が多いのをご存知ですか?「硬いから…」「運動をしてこなかったから…」という方も簡単にできるヨガポーズを、大手ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」でエグゼクティブ講師を務めるキミ先生が教えてくれます。今回のテーマは膝の痛み。将来に向けて快適に動ける足腰を手に入れて、自信に満ちた毎日を過ごしませんか?

太腿〜お尻の筋肉の強張りをゆるめて鍛え、膝関節を安定させる

膝の痛みを和らげるには、膝まわりの筋肉を正しく働かせ、膝関節を安定させることが大事。そのために、ふだんから心がけたいのが、マッサージで膝関節を支える太腿の筋肉の強張りをとることがポイント。マッサージをするときは、テニスボールを使うと効果的。例えば、横向きに寝て、外腿の下にテニスボールを入れ、ボールを転がしながらマッサージすると、膝痛の原因になりやすい太腿筋膜張筋の硬さをほぐすことができます。その上で、前腿の大腿四頭筋やお尻の臀筋を鍛えると、膝の安定感がより高まり、痛みの改善しやすくなります。

今回ご紹介するのは、お尻と内腿の筋肉を強化し、膝関節を安定させる2種類のワーク。どちらのワークも、膝が足先より前に出ないように注意しながら行うのがポイント。膝の故障を防ぎます。(キミ先生)

Photos by Kenji Yamada
Text by Minako Noguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

硬くてもできる50歳からのヨガ #膝痛を防ぐ「太腿〜お尻」の強張りを防止
硬くてもできる50歳からのヨガ #膝痛を防ぐ「太腿〜お尻」の強張りを防止
硬くてもできる50歳からのヨガ #膝痛を防ぐ「太腿〜お尻」の強張りを防止
硬くてもできる50歳からのヨガ #膝痛を防ぐ「太腿〜お尻」の強張りを防止
硬くてもできる50歳からのヨガ #膝痛を防ぐ「太腿〜お尻」の強張りを防止
ひざ痛
膝痛を和らげる!腿の筋肉を鍛える方法|硬くてもできる50歳からのヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する