用意するのはオイルだけ!辛い鼻トラブルを和らげるアーユルヴェーダ式鼻うがい

PIXTA

用意するのはオイルだけ!辛い鼻トラブルを和らげるアーユルヴェーダ式鼻うがい

花粉症の季節。鼻が詰まってぼーっとしたり、鼻水が止まらなくてティッシュが手放せなかったり…そんな人はアーユルヴェーダの知恵を借りてみませんか?用意するのは、スーパーなどでも売っているあのオイルだけ。アーユルヴェーダ・エデュケーターの文分千恵先生に教えていただきました。

鼻腔に温かいオイルを入れてつらい鼻炎症状を緩和

頭部に水分が増えると、副鼻腔炎や花粉症といった鼻炎症状があらわれることも。そうした症状を持つ人に特におすすめなのが、ナスヤという鼻うがい。湯煎して温めた太白ごま油をスポイトなどに取り、片鼻に3滴垂らします。反対の小鼻を押さえて奥まで吸い込んだら、次はもう一方に3滴垂らし、同様に吸い込みます。これを各3回程度行いましょう。「脳付近の細胞は意外と乾燥しているので、滋養を与える効果も。何度か行っていると必要な油分が満たされ、余分なオイルはのどの奥から出てくるようになります」(文分先生)

POINT

事前に鼻の穴の通りをよくしておくと、オイルが中に入りやすい。オイルで顔をマッサージしてから湯を張った洗面器に鼻を近づけ、タオルを被ってスチームバスを。毛穴が開いて不要なものが排出され、美肌効果も!

教えてくれたのは…文分千恵先生

アーユルヴェーダ・エデュケーター。アーユルヴェーダ医師であるドクター・バルタップ・チョハンに師事。東京・都立大学にあるアーユルヴェーダスクール「ジヴァ・ジャパン」を主宰する。

Text by Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.54掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する