【ポイントは大胸筋と肩関節】首こりや肩こり改善のためのストレッチと姿勢維持のためのエクササイズ法

Adobe Stock

【ポイントは大胸筋と肩関節】首こりや肩こり改善のためのストレッチと姿勢維持のためのエクササイズ法

君嶋瑠里
君嶋瑠里
2021-01-20

デスクワークやスマホ操作など、日常生活で前かがみの姿勢になる機会はとても多いです。慢性的に肩や首がこっていたり、痛みがあったりはしていませんか?改善にはストレッチだけでなく、筋力で姿勢を維持するためのエクササイズも必要です。今回はその方法について紹介します。

肩こりや首こりになる原因は?

一般的にデスクワークやスマホ操作など、頭部が前方に突出した姿勢を長時間続けることによって筋肉に大きな負荷がかかり、痛みを引き起こすといわれています。しかしながら痛みの感覚の原因は実は様々。心的ストレスや、内蔵の不調でも神経に作用し痛みが引き起こることもあります。

不安が大きいと肩が上がりやすく前かがみになりやすい?

心の中に不安や悩みを抱えていると肩が上がりやすくなったり、ぎゅっと緊張して前かがみになり、まるで防御しているかのような姿勢となります。そうなると呼吸も浅くなってしまい、自律神経にまで影響してしまいます。逆に安心や喜びを感じでいる場合は背筋もピンと伸び、胸を張った姿勢で呼吸も深くいられます。姿勢とメンタルは関係しており、ネガティブな心が姿勢を悪くさせ、筋肉の緊張につながり、痛みを引き起こしてしまいます。

不良姿勢は機能低下を招く

筋肉が緊張した状態が慢性化すると、本来の筋力も発揮できず、機能低下を招いてしまいます。特に前かがみで肩こりの人は、肩を下げたり、後ろに引いたり、肩甲骨を寄せたりする動作が苦手な傾向に。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ワシのポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する