股関節がほぐれる! 強くなる! 龍村ヨガの「カエルジャンプ」

Sayaka Ono

股関節がほぐれる! 強くなる! 龍村ヨガの「カエルジャンプ」

1月20日(水)発売の『ヨガジャーナル日本版』vol.73のテーマは、「股関節が硬い人のためのヨガ&ストレッチ」。特集内では日本のヨガの草分け的存在の龍村修先生に、沖ヨガの股関節に効く行法を教えていただきました!

40年以上前から日本ならではの行法や、哲学などに基づく沖ヨガを指導される龍村修先生。今回は沖ヨガ式の丹田力・生命力強化法から、股関節にフォーカスした行法を教えていただきました。

カエルジャンプ

ジャンプで全身の関節や筋肉を総動員させて、一度に大きな力を引き出す瞬発力や、緊張と弛緩の調和力、統一力などを高める行法。また股関節を深く縮めてからいっきに伸ばすことで、周辺の筋力強化にも役立ちます。

モデルの鈴木伸枝先生の跳躍力にも注目! 2メートルくらい先に着地するように前に飛び上がるのがポイントです。

1月20日(水)発売の『ヨガジャーナル日本版』vol.73では、ほかにも龍村先生に教えていただいた股関節に効くポーズを紹介しています。
ヨガだけでなく、「歩く」「走る」「しゃがむ」など日常生活の基本動作に欠かせない股関節。柔軟性アップはもちろん、本来の可動域を最大限に活かすためのワークやストレッチ法が満載です!

教えてくれたのは…龍村 修先生
1948年生まれ。早稲田大学時代、演劇活動の中でヨガと出会い、1973 年より求道ヨガの世界的権威・沖正弘導師の内弟子として世界行脚に同行。沖ヨガ修道場長就任を経て、現在は龍村ヨガ研究所を主宰し、著書も多数。

モデルは…鈴木伸枝先生
東京・北参道にてパーソナルヨガスタジオを運営。「自分を生かすYOGA」をモットーに、誰でも簡単にヨガを生活に取り入れられるよう、平日は毎朝インスタグラム(@ nobue.style)からヨガクラスをライブ配信。ヨガの普及に努めている。

text by ヨガジャーナル編集部

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する