腸の老廃物をごっそり流す!腹筋を効かせてねじることで腸を活性化するツイストワーク

Nobuhiro Miyoshi (RELATION) Shoko Matsuhashi

腸の老廃物をごっそり流す!腹筋を効かせてねじることで腸を活性化するツイストワーク

50歳を過ぎた頃から以前に比べて腸に不調を感じやすく、気持ちも沈みがちに...。そんな不快な症状を解消し、腸の健康を守る方法をヨガインストラクターが伝授。腸を健やかに保つと毎日をポジティブに過ごせます!

腸に蓄積された老廃物が毒素となって不調を招く

「腸に老廃物をためないことが、健康な体をキープする秘訣です」とキミ先生。そのために心掛けたいのが、スムーズな排泄です。
「排泄が滞り、腸に老廃物が蓄積されると、アーユルヴェーダでも体に悪影響を及ぼす毒素になると考えられています。古代の経典には、ヨガの効果を引き出すために行う6つの体の浄化法が記されていて、そのなかの2つは腸に関するもの。腸をはじめ体を浄化することで全身の気が巡り、ヨガの恩恵を深いレベルで受けられると考えられています。腸の働きを高め、日々の排泄を促すにはお腹をねじり、腸を刺激するポーズが効果的。腸の働きがよくなると気持ちが前向きになり、思考もクリアになりますよ」
ねじりのポーズは、腸の回旋の方向に合わせて左から行うのがポイント。筋力や体の硬さに合わせて徐々にねじりを深めましょう。

ねじりを徐々に深めていくシークエンスで腸の働きを活性化

ヨガの経典に記されている腸の浄化法をベースとしたシークエンスで、腸を健やかな状態に整えましょう。体側を伸ばすポーズから徐々にねじりを深めることで腸がほどよく刺激されます。

ツイスト2:ローランジで腹筋を意識してねじる

手と膝を押し合い、腹筋に力を入れるのが、このワークのポイント。腹筋を効かせてねじることで腸に血流が促され、消化機能が高まります。排泄を促す蠕動運動に必要な筋力の育成にも。

四つん這いから左足を前に踏み出し、かかとの上に膝がくるように置く。上半身を起こし、両手を重ねて左腿の上に。

腸を刺激するツイストのアーサナで排泄を促し体も心も上向きに!③
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) Shoko Matsuhashi

右手を左膝の外に当て、左手を肩の高さで横に開く。手と膝を押し合いながら上半身を左にねじり、3呼吸。反対も。

腸を刺激するツイストのアーサナで排泄を促し体も心も上向きに!③
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは...キミ先生
スタジオ・ヨギーエクゼクティブ・ディレクター。瞑想をライフワークにインドや日本でさまざまな流派のハタヨガ、ヨガ哲学、呼吸法、瞑想を学ぶ。

あ
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) Shoko Matsuhashi

 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION) Shoko Matsuhashi
hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
text by Minako Noguchi
yoga journal vol.70

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

腸を刺激するツイストのアーサナで排泄を促し体も心も上向きに!③
腸を刺激するツイストのアーサナで排泄を促し体も心も上向きに!③
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する